ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

文字に下線を設定する(Underline プロパティ)

      2015/08/26

下線を設定(Underline プロパティ)

Underline プロパティは、文字に下線を設定します。設定には、XlUnderlineStyle 列挙型の定数を使用します。値の取得および設定が可能です。


【書式】

<取得>
object.Underline

<設定>
object.Underline = const


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Font オブジェクトを指定します。
  • const  ・・・  下線の種類を表すXlUnderlineStyle 列挙型の定数を指定します。
    定数 内容
    xlUnderlineStyleNone -4142 下線なし
    xlUnderlineStyleSingle 2 一重下線
    xlUnderlineStyleDouble -4119 二重下線
    xlUnderlineStyleSingleAccounting 4 一重下線(会計)
    xlUnderlineStyleDoubleAccounting 5 二重下線(会計)



下線を設定(Underline プロパティ)使用例

サンプルVBAソース


実行結果

下線 Underline プロパティ 例


 - VBA基本 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

Mid ステートメント 例
文字列:文字列変数内の一部を置き換える(Mid・MidB ステートメント)

Mid・MidB ステートメントの使い方 【書式】 { Mid | MidB } …

ClearContents メソッド 例01
データをクリアする(ClearContents メソッド)

ClearContents メソッド 対象がセル範囲(Range オブジェクト) …

変数宣言と変数のデータ型
変数のデータ型・宣言(Dim ステートメント)

変数の宣言 一般的な方法 【書式】 Dim varname [ As type, …

文字列:指定した数の空白(スペース)からなる文字列を返す(Space 関数)

Space 関数 【書式】 result = Space ( number ) …

指定した文字列を数値に変換する(Val 関数)

Val 関数 の使い方 Val 関数は、指定した文字列に含まれる数字を数値として …

日付時刻:文字列から日付・時刻データを取得( DateValue 関数、TimeValue 関数 )

DateValue 関数(文字列から日付データを取得) 【書式】 date_va …

式を評価し、結果(真・偽)に応じた式・値を返す(IIf 関数)

IIf 関数 の使い方 IIf(アイイフ)関数は、式を評価してその結果(真・偽) …

変数がオブジェクト型かどうかをチェックする( IsObject 関数 )

IsObject 関数の使い方 【書式】 result = IsObject ( …

ThisCell プロパティ
ユーザー定義関数:セルを取得する(ThisCell プロパティ)

入力されたセルを取得する ワークシート上で使用する Function プロシージ …

no image
VBA の演算子(算術演算子)

算術演算子 算術演算を行うときに使用する演算子です。 ^(べき乗)、*(積)、/ …