ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

日付時刻:経過時間を取得( Timer 関数 )

   

Timer 関数の使い方


【書式】

result = Timer ()


【戻り値】

  • result  ・・・  当日午前 0 時から経過した秒数を表す単精度浮動小数点数型(Single)の値。


Timer 関数は、処理中に午前0時を超えた場合、値を「1日の総秒数を反転した値(-86,400 秒)」にリセットし、そこから経過秒数を加算していきます。さらに1日が経過し翌日の午前0時になると「 0 秒」となるので、日付をまたぐ場合は注意が必要です。
【対応策】
1.経過時間の差分の値の絶対値を Abs 関数等で算出して、その値で経過秒数を判定する。
2.「【参考】サンプルVBAソース2」のように、Timar 関数を使用しない。


Timer 関数の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Timer 関数 使用例


DoEvents 関数について
上記マクロ内には DoEvents というのがありますが、この「DoEvents関数」を使用することで、一時的に、他のアプリケーションが実行できるように Windows に制御を移すことが可能になります。
つまり、マクロを実行後、VBE 画面からマクロを停止することが可能になります。



【参考】サンプルVBAソース2



 - VBA基本 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

Split 関数(文字列型の一次配列を作成)

Split 関数の使い方 【書式】 myArray = Split ( expr …

データ型を調べて、そのデータ型を示す数値を返す(VarType 関数)

VarType 関数 の使い方 VarType 関数は、引数に、データ型を調べた …

式を評価し、結果(真・偽)に応じた式・値を返す(IIf 関数)

IIf 関数 の使い方 IIf(アイイフ)関数は、式を評価してその結果(真・偽) …

DoEvents 関数 UserForm の設定
CPU に制御を移す(DoEvents 関数)

DoEvents 関数 DoEvents 関数を実行すると、CPU に制御を移し …

データ型を調べてそのデータ型を示す文字列を返す(TypeName 関数)

TypeName 関数 の使い方 TypeName 関数は、引数に、データ型を調 …

変数が日付型かどうかをチェックする( IsDate 関数 )

IsDate 関数の使い方 【書式】 result = IsDate( expr …

文字に下線を設定する(Underline プロパティ)

下線を設定(Underline プロパティ) Underline プロパティは、 …

日付時刻:日付時刻から情報取得( DatePart 関数 )

DatePart 関数(日付・時刻の値から情報を取得) 【書式】 result …

メッセージボックス使用例
メッセージボックスを表示(MsgBox関数)

MsgBox関数 【書式】 result = MsgBox ( Prompt [ …

VBA の演算子(文字連結演算子:& 演算子 + 演算子)

文字連結演算子 文字連結演算子は、文字列の連結を行うときに使用する演算子で、「& …