ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

配列の添字の最小値を「1」に設定する

      2015/03/30

Option Base ステートメントを使用する


【書式】
Option Base 1


添字の既定の最小値は 0 です。Option Base ステートメントを使うと既定の最小値を 1 に設定できます。

Option Base ステートメントを使用する場合は、モジュール内のどのプロシージャよりも前に記述する必要があります。Option Base ステートメントは、モジュール内で一度だけ、次元を含む配列の宣言よりも前に記述します。

Option Base ステートメントの設定が有効になるのは、ステートメントが記述されているモジュール内の配列の添字の最小値のみです。


Option Base ステートメントを設定する

モジュールの宣言セクションに Option Base 1 を指定するとモジュール内の配列の添字の最小値が「1」に設定されます。

Open Base ステートメント例1


VBAソース


実行結果

Option Base 1 ステートメントを設定しているため添字の最小値が「1」となります。
( ※ UBound 関数・LBound 関数 は、それぞれ配列の添字の最大値・最小値を取得します。)

Option Base 1 ステートメント例2



Option Base ステートメントに影響されない関数など

Option Base ステートメントを使用しても Split 関数キーワード ParamArray を使って作成する配列の添字の最小値は 0 のままです。
つまり、Split 関数キーワード ParamArray は、Option Base ステートメントの影響を受けません。

例 Split関数(※ Array 関数 と比較)


実行結果

Array 関数は、Open Base ステートメントの影響を受けるため、val1(1)は、「1」を表示します。一方、Split 関数は、Open Base ステートメントの影響を受けないため、val2(1)は、「20」を表示します。

Option Base 1 ステートメント例3


例 キーワード ParamArray


実行結果

Option Base 1 ステートメントの影響を受けていないので、「12」が表示されます。

Option Base 1 ステートメント例4



 - VBA基本 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

InStrRev 関数
文字列:文字列を最後から検索してその最初の文字位置を返す(InStrRev 関数)

InStrRev 関数 任意の文字列の中で、指定した文字列を最後から検索して、見 …

配列(多次元配列・配列の次元の変更)

多次元配列 【書式】 多次元配列の宣言 <静的配列(固定長配列)> Dim my …

Split 関数(文字列型の一次配列を作成)

Split 関数の使い方 【書式】 myArray = Split ( expr …

日付時刻:時・分・秒を取得(Hour、Minute、Second 関数)

日付時刻から時・分・秒を取得する関数 【書式】 time_hour = Hour …

日付時刻:日付時刻から情報取得( DatePart 関数 )

DatePart 関数(日付・時刻の値から情報を取得) 【書式】 result …

文字列:指定した文字の文字コードを取得する(Asc 関数)

Asc 関数 【書式】 result = Asc ( string ) 引数・戻 …

Chr 関数 例
文字列:指定した文字コードに対応する文字を返す(Chr 関数)

Chr 関数の使い方 【書式】 result = Chr ( code ) 引数 …

カレントフォルダの取得・設定(DefaultFilePath プロパティ)

DefaultFilePath プロパティ カレントフォルダとは、ブックを開いた …

DoEvents 関数 UserForm の設定
CPU に制御を移す(DoEvents 関数)

DoEvents 関数 DoEvents 関数を実行すると、CPU に制御を移し …

VBA正規表現使用例
VBA で正規表現を使う(RegExp オブジェクト)

RegExp オブジェクト VBA で正規表現を使うには、VBScript のR …