ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

文字列:文字列の空白を削除(Trim 関数, LTrim関数, RTrim関数)

      2015/05/08

Trim 関数・LTrim 関数・RTrim 関数の使い方


【書式】

<先頭と末尾の空白を削除
result = Trim ( string )

<先頭の空白を削除
result_l = LTrim ( string )

<末尾の空白を削除
result_r = RTrim ( string )


引数・戻り値

  • string  ・・・  任意の文字列・文字列式を指定します。
  • result  ・・・  引数 string の先頭または末尾にある空白文字(半角スペース・全角スペース)全てを削除した結果(文字列型:String)。
  • result_l  ・・・  引数 string の先頭にある空白文字(半角スペース・全角スペース)全てを削除した結果(文字列型:String)。
  • result_u  ・・・  引数 string の末尾にある空白文字(半角スペース・全角スペース)全てを削除した結果(文字列型:String)。

引数 string が、Null 値 を含む場合は、Null 値 を返します

Trim,LTrim,RTrim 関数は、「半角スペース」のみ削除、「全角スペース」のみ削除、また文字列内の「スペース」を削除といったことはできません。このような場合は、Replace 関数(文字の置き換え)を使用するといいでしょう。
 (例)newStr = Replace ( string, ” “, “” )
  ※ 文字列 string から「半角スペース」を全て削除した結果を newStr に代入



Trim 関数・LTrim 関数・RTrim 関数 の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Trim 関数 例




 - VBA基本 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

日付時刻:日付・時刻の間隔を取得( DateDiff 関数 )

DateDiff 関数の使い方 【書式】 result = DateDiff ( …

Randomize 関数 例1
乱数ジェネレータを初期化 (乱数系列を再設定) する(Randomize ステートメント)

Randomize ステートメントの使い方 Rnd 関数 を使用する前に使用しま …

Choose 関数 例01
指定した数値に対応する選択肢の値・数式を返す(Choose 関数)

Choose 関数 の使い方 Choose 関数は、指定されたインデックス値(1 …

現在の日付時刻を取得する
日付時刻:現在の日付・時刻を取得・設定(Now、Date、Time)

現在の日付・時刻を取得・設定 現在の日付・時刻を取得(Now 関数、Date 関 …

RGB値一覧表
RGB 値一覧表(XlRgbColor 列挙型)

RGB 値(XlRgbColor 列挙型)一覧表 RGB 関数を使用して、出力さ …

VBA の演算子(文字連結演算子:& 演算子 + 演算子)

文字連結演算子 文字連結演算子は、文字列の連結を行うときに使用する演算子で、「& …

フォントサイズ(Size,StandardFontSize)例
フォントサイズ(Size プロパティ・StandardFontSize プロパティ)

フォントサイズを取得・設定する(Size プロパティ) Size プロパティは、 …

指定した文字列を数値に変換する(Val 関数)

Val 関数 の使い方 Val 関数は、指定した文字列に含まれる数字を数値として …

太字・斜体(Bold,Italic,FontStyle)例
フォント 太字・斜体(Bold, Italic, FontStyle プロパティ)

太字の設定(Bold プロパティ) Bold プロパティは、フォントを太字にする …

色の設定(Color プロパティ・RGB 関数)

Color プロパティ Color プロパティは、指定したオブジェクトの色を取得 …