ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

文字列:文字列の空白を削除(Trim 関数, LTrim関数, RTrim関数)

      2015/05/08

Trim 関数・LTrim 関数・RTrim 関数の使い方


【書式】

<先頭と末尾の空白を削除
result = Trim ( string )

<先頭の空白を削除
result_l = LTrim ( string )

<末尾の空白を削除
result_r = RTrim ( string )


引数・戻り値

  • string  ・・・  任意の文字列・文字列式を指定します。
  • result  ・・・  引数 string の先頭または末尾にある空白文字(半角スペース・全角スペース)全てを削除した結果(文字列型:String)。
  • result_l  ・・・  引数 string の先頭にある空白文字(半角スペース・全角スペース)全てを削除した結果(文字列型:String)。
  • result_u  ・・・  引数 string の末尾にある空白文字(半角スペース・全角スペース)全てを削除した結果(文字列型:String)。

引数 string が、Null 値 を含む場合は、Null 値 を返します

Trim,LTrim,RTrim 関数は、「半角スペース」のみ削除、「全角スペース」のみ削除、また文字列内の「スペース」を削除といったことはできません。このような場合は、Replace 関数(文字の置き換え)を使用するといいでしょう。
 (例)newStr = Replace ( string, ” “, “” )
  ※ 文字列 string から「半角スペース」を全て削除した結果を newStr に代入



Trim 関数・LTrim 関数・RTrim 関数 の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Trim 関数 例




 - VBA基本 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

画面の更新を停止(ScreenUpdating プロパティ)

画面の更新を停止 マクロを実行すると、画面が更新されます。これにより、実行速度が …

no image
VBA の演算子(比較演算子)

比較演算子 比較演算子による演算の結果は「真」の場合は「True」、「偽」の場合 …

データ型を調べて、そのデータ型を示す数値を返す(VarType 関数)

VarType 関数 の使い方 VarType 関数は、引数に、データ型を調べた …

Array 関数(1)
Array 関数(バリアント型の配列を作成)

Array 関数の使い方 【書式】 myArray = Array ( elem …

文字列:文字列を指定した形式に変換する(StrConv 関数)

StrConv 関数の使い方 【書式】 result = StrConv ( s …

変数がNull 値かどうかをチェックする( IsNull 関数 )

IsNull 関数の使い方 【書式】 result = IsNull ( exp …

指定した数値を文字列に変換する(Str 関数)

Str 関数 の使い方 Str 関数は、数値・数式を文字列に変換して返す関数です …

文字列:文字列の指定した位置から指定文字数取得(Mid 関数,MidB 関数)

Mid 関数・MidB 関数 の使い方 【書式】 result_mid = Mi …

VBA の演算子(文字連結演算子:& 演算子 + 演算子)

文字連結演算子 文字連結演算子は、文字列の連結を行うときに使用する演算子で、「& …

Math 関数( Abs,Atn,Cos,Exp,Log,Rnd,Sgn,Sin,Sqr,Tan )

Abs 関数 【書式】 value = Abs ( number ) 【引数・戻 …