ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

エラー(CVErr 関数・IsError 関数・Error 関数)

   

CVErr 関数(エラー番号をエラー値に変換する)の使い方


【書式】

return_value = CVErr ( error_number )


【引数・戻り値の説明】

  • error_number  ・・・  任意の数値 (エラー番号) を指定します。
  • return_value  ・・・  エラー値(バリアント型)

CVErr 関数の戻り値エラー値 return_value )をバリアント型以外の変数に直接代入することはできません。ただし、CVErr 関数の戻り値を明示的に変換 (CInt 関数、CDbl 関数などを使用して変換) することにより、適切なデータ型の変数に代入することはできます。


IsError 関数(エラー値を含んでいるかどうかを調べる)の使い方


【書式】

return_value = IsError ( expression )


【引数・戻り値の説明】

  • expression  ・・・  エラー値を含んでいるかどうかチェックを行いたいセルの値や変数・数式を指定します。
  • return_value  ・・・  expression がエラー値かどうかを調べて結果をブール型(Boolean)で返します。(expression がエラー値の時は True / エラー値でない時はFalse

エラー値を生成するには CVErr 関数 を使います。



CVErr 関数・IsError 関数 の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

CVErr 関数・IsError 関数 例



Error 関数(エラー番号に対応したエラーメッセージを返す)の使い方


【書式】

error_message = Error ( [ error_number ] )


【引数・戻り値の説明】

  • error_number  ・・・  任意のエラー番号を指定します。error_number が定義されていない場合、Error 関数は文字列 “アプリケーション定義またはオブジェクト定義のエラーです。” を返します。また有効な範囲外の番号を指定すると、実行時エラーが発生します。error_number を省略すると、最後に発生した実行時エラーに対応するメッセージを返します。実行時エラーが発生していない場合、Error 関数は長さ 0 の文字列 (“”) を返します。(省略可能)
  • error_message  ・・・  error_number に対応するエラーメッセージを返します。


Error 関数 の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Error 関数




 - VBA基本 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

固定長形式で分割(TextToColumns メソッド)
セルのデータを固定長形式で複数のセルに分割する(TextToColumns メソッド・Parse メソッド)

固定長形式でセルを分割 TextToColumns メソッドや Parse メソ …

RGB値一覧表
RGB 値一覧表(XlRgbColor 列挙型)

RGB 値(XlRgbColor 列挙型)一覧表 RGB 関数を使用して、出力さ …

RSet 関数・LSet 関数 例1
文字列:文字列変数の値を右詰めまたは左詰めにする(RSet ステートメント・LSet ステートメント)

RSet ステートメント・LSet ステートメント 【書式】 < RSet ステ …

no image
VBA の演算子(比較演算子)

比較演算子 比較演算子による演算の結果は「真」の場合は「True」、「偽」の場合 …

変数宣言と変数のデータ型
変数のデータ型・宣言(Dim ステートメント)

変数の宣言 一般的な方法 【書式】 Dim varname [ As type, …

RegExp オブジェクト Test メソッド
VBA で正規表現を使う(RegExp オブジェクトのメソッド)

RegExp オブジェクトのメソッド RegExp オブジェクトの詳細に関しては …

引数が省略されたかどうかをチェックする( IsMissing 関数 )

IsMissing 関数の使い方 【書式】 result = IsMissing …

Choose 関数 例01
指定した数値に対応する選択肢の値・数式を返す(Choose 関数)

Choose 関数 の使い方 Choose 関数は、指定されたインデックス値(1 …

日付時刻:日付・時刻の間隔を取得( DateDiff 関数 )

DateDiff 関数の使い方 【書式】 result = DateDiff ( …

文字に下線を設定する(Underline プロパティ)

下線を設定(Underline プロパティ) Underline プロパティは、 …