ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

色の設定(ColorIndex プロパティ・Colors プロパティ)

      2015/10/21

ColorIndex プロパティ

ColorIndex プロパティは、指定したオブジェクトのを取得・設定します。設定には、カラーパレットパレット番号を使って色を指定します。


【書式】

<取得>
result = Object.ColorIndex

<設定>
Object.ColorIndex = index

引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる オブジェクトを指定します。
    Border オブジェクト(罫線)Borders オブジェクト(輪郭線)Font オブジェクト(文字)Interior オブジェクト(セル)FormatColor(カラースケール) など
  • index  ・・・  カラーパレットの色を表す 1 ~ 56 のパレット番号、または、XlColorIndex 列挙型 の定数またはその値を指定します。
    定数 内容
    xlColorIndexAutomatic -4105 自動設定
    xlColorIndexNone -4142 色なし

  • result  ・・・  設定されているカラーパレットパレット番号


Colors プロパティ

Excel は、ブックごとに管理できるカラーパレットを持っており、56種類の色を保持しています。Colors プロパティは、その56種類の色の設定、取得を行います。


【書式】

<取得>
result = Object.Colors ( index )

<設定>
Object.Colors ( index ) = rgb

<カラーパレットをリセット>
Object.ResetColors

引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Workbook オブジェクトを指定します。
  • index  ・・・  カラーパレットの色を表す 1 ~ 56 のパレット番号を指定します。
  • rgb  ・・・  色を表す RGB 値を指定します( ⇒ RGB 値に関しては、RGB 値一覧表 を参照)。また、RGB 関数 も使用できます。
  • result  ・・・  色を表す RGB 値

カラーパレットのリセット
Workbook オブジェクトResetColors メソッドを実行すると、カスタマイズされたカラーパレットはリセットされて、既定の状態に戻ります。



ColorIndex プロパティ・Colors プロパティ 使用例

サンプルVBAソース1


実行結果 1

ColorIndex プロパティ・Colors プロパティ 例01


サンプルVBAソース2


実行結果 2

ColorIndex プロパティ・Colors プロパティ 例02


 - VBA基本 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

VBAの変数宣言

VBAの変数宣言について 変数を暗黙的に宣言する エクセル VBA の場合、明示 …

指定した数値を文字列に変換する(Str 関数)

Str 関数 の使い方 Str 関数は、数値・数式を文字列に変換して返す関数です …

エラー(CVErr 関数・IsError 関数・Error 関数)

CVErr 関数(エラー番号をエラー値に変換する)の使い方 【書式】 retur …

Choose 関数 例01
指定した数値に対応する選択肢の値・数式を返す(Choose 関数)

Choose 関数 の使い方 Choose 関数は、指定されたインデックス値(1 …

変数が数値型かどうかをチェックする( IsNumeric 関数 )

IsNumeric 関数の使い方 【書式】 result = IsNumeric …

RSet 関数・LSet 関数 例1
文字列:文字列変数の値を右詰めまたは左詰めにする(RSet ステートメント・LSet ステートメント)

RSet ステートメント・LSet ステートメント 【書式】 < RSet ステ …

日付時刻:文字列から日付・時刻データを取得( DateValue 関数、TimeValue 関数 )

DateValue 関数(文字列から日付データを取得) 【書式】 date_va …

配列の添字の最小値を「1」に設定する

Option Base ステートメントを使用する 【書式】 Option Bas …

日付時刻:時・分・秒を取得(Hour、Minute、Second 関数)

日付時刻から時・分・秒を取得する関数 【書式】 time_hour = Hour …

Timer 関数 使用例
日付時刻:経過時間を取得( Timer 関数 )

Timer 関数の使い方 【書式】 result = Timer () 【戻り値 …