ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

データベース(Oracle)に接続する(OLE DB を使用)

      2017/09/28

OLE DB プロバイダ

OLE DBには、Oracle 提供の Oracle Provider for OLE DB と Microsoft 提供の OLE DB Provider for Oracle の2種類があります。いずれの場合も ADO を使用してプログラムが可能です。
また、OLE DB の他に、ODBCoo4o といったミドルウェアがあります。


Oracle Provider for OLE DB

Oracle に接続するには、Oracle Client が必要です。
ADO で接続するには Open メソッドConnectionString プロパティ に、OraOLEDB.Oracle という文字列を使用します。

接続文字列パラメータ


【ConnectionString(ADO)に設定する文字列】

<tnsnames.ora ファイルを使用する場合>
Provider = OraOLEDB.Oracle;
Data Source = ServerName;
User ID = UserName;
Password = UserPassword;

<tnsnames.ora ファイルを使用せず直接指定する場合>
Provider = OraOLEDB.Oracle;
Data Source = StrDataSource;
User ID = UserName;
Password = UserPassword;


引数・戻り値

  • ServerName  ・・・  tnsnames.ora ファイルのネットサービス名を指定します。
  • UserName  ・・・  ユーザー名を指定します。
  • UserPassword  ・・・  パスワードを指定します。
  • StrDataSource  ・・・  tnsnames.ora ファイルの内容をそのまま記述します。

  • <tnsnames.ora ファイル>
    ora ファイル

ADO に関しては データベース(Access 等)に接続(ADO) を参照して下さい。



データベース(Oracle)へ接続する例(Oracle OLE DB を使用)

サンプルVBAソース1



Microsoft OLE DB Provider for ODBC

Oracle に接続するには、Oracle Client が必要です。
ADO で接続するには Open メソッドConnectionString プロパティ に、MSDAORA という文字列を使用します。

接続文字列パラメータ


【ConnectionString(ADO)に設定する文字列】

<tnsnames.ora ファイルを使用する場合>
Provider = MSDAORA;
Data Source = ServerName;
User ID = UserName;
Password = UserPassword;

<tnsnames.ora ファイルを使用せず直接指定する場合>
Provider = MSDAORA;
Data Source = StrDataSource;
User ID = UserName;
Password = UserPassword;


引数・戻り値

  • ServerName  ・・・  tnsnames.ora ファイルのネットサービス名を指定します。
  • UserName  ・・・  ユーザー名を指定します。
  • UserPassword  ・・・  パスワードを指定します。
  • StrDataSource  ・・・  tnsnames.ora ファイルの内容をそのまま記述します。


データベース(Oracle)へ接続する例(Microsoft OLE DB を使用)

サンプルVBAソース 2


実行結果

oracle 接続結果



 - データベース , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ado Field オブジェクト
フィールド名(ADO)Field オブジェクト

Field オブジェクト Recordset オブジェクト内の列(フィールド)を …

BOF プロパティ・EOF プロパティ
BOF プロパティ・EOF プロパティ(ADO)

EOF プロパティ・BOF プロパティ BOF プロパティは、カレントレコードの …

Excelに接続する(ADO)
Excelファイルに接続(ADO)

ADOでExcelファイルに接続 ADO を使用してExcelファイルを読み込み …

ADOX テーブルの作成
テーブルの作成・削除/フィールドの作成・削除(ADOX)

ADOX を使用してテーブル・フィールド(列)を作成・削除 Table オブジェ …

Recordsetオブジェクト内のカーソル移動
カレントレコードの移動(ADO)MoveFirst、MoveLast、MoveNext、MovePrevious、Move

MoveFirst メソッド、MoveLast メソッド、MoveNext メソ …

ADOX クエリを作成
クエリの作成・削除(ADOX)

ADOX を使用してクエリを作成・削除 クエリを作成する手順 【書式】 <参照設 …

CSVフィアルに接続(ADO)
CSVファイルに接続(ADO)

ADOでCSVファイルに接続 ADO を使用してCSVファイルを読み込みます。C …

トランザクション01
トランザクション(ADO)BeginTrans、CommitTrans、RollbackTrans

ADO でのトランザクション処理 【書式】 Sub Sample_Transac …

Oracle(oo4o)接続サンプル1
データベース(Oracle)に接続する(oo4o)

oo4o 接続 OO4O(Oracle Objects for OLE)はWin …

Delete メソッド(ADO)
レコードの削除(ADO)Delete メソッド

データベースのレコードを削除する Delete メソッド カレントレコードを削除 …