ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

四捨五入・切り上げ・切り捨て・丸め(Round 関数 他)

      2016/02/18

Round 関数(丸め)の使い方


【書式】

value = Round ( expression [, decimal_places ] )


【引数・戻り値】

  • expression  ・・・  丸めを行う数値・数式を指定します。Null 値が含まれている場合は、Null 値を返します。
  • decimal_places  ・・・  丸めを行う小数点以下の桁数を表す数値を指定します。「0」を指定した場合、Round 関数 は、整数値を返します(省略可 ⇒ 規定値は「0」)。
  • value  ・・・  decimal_places で指定された小数点位置で丸めた数値

VBA の Round 関数は、丸め(銀行型) です。

Excel の Round 関数は、四捨五入です。

銀行型丸めと四捨五入の違い

「最近接偶数への丸め」「偶数丸め」「最近接丸め」とも呼ばれます。
銀行型丸めは、端数が 0.5 より小さいときは切り捨て、端数が 0.5 より大きいときは切り上げ、端数がちょうど 0.5 の場合は、切り捨てと切り上げのうち結果が偶数となる方へ丸めます

四捨五入と銀行型丸め



四捨五入・切り上げ・切り捨て


【書式】

<四捨五入>
value = Application.WorksheetFunction.Round ( expression , decimal_places )

<切り上げ>
value = Application.WorksheetFunction.RoundUp ( expression , decimal_places )

<切り捨て>
value = Application.WorksheetFunction.RoundDown ( expression , decimal_places )


【引数・戻り値】

  • expression  ・・・  「四捨五入・切り上げ・切り捨て」を行う数値・数式を指定します。
  • decimal_places  ・・・  「四捨五入・切り上げ・切り捨て」を行う小数点以下の桁数を表す数値を指定します。「0」を指定した場合は、整数値を返します(省略不可)。
  • value  ・・・  decimal_places で指定された小数点位置で「四捨五入・切り上げ・切り捨て」した数値

上記の Round 関数RoundUp 関数RoundDown 関数 は、エクセルのワークシート関数です。

ワークシート関数は WorksheetFunction クラスのメンバで、VBAからも利用することが可能です( ワークシート関数を呼び出すには Application オブジェクトの WorksheetFunction プロパティを使用します)。



「丸め、四捨五入・切り上げ・切り捨て」の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

四捨五入他使用例




 - VBA基本 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

引数の整数部分を取得する(Fix 関数・Int 関数)

Fix 関数・Int 関数の使い方 【書式】 number_fix = Fix …

文字列:文字列の空白を削除(Trim 関数, LTrim関数, RTrim関数)

Trim 関数・LTrim 関数・RTrim 関数の使い方 【書式】 <先頭と末 …

UBound LBound 関数 使用例01
配列の要素数を取得する(UBound 関数・LBound 関数)

UBound 関数・LBound 関数 【書式】 result = UBound …

日付時刻:日付時刻データを計算( DateAdd 関数 )

DateAdd 関数(日付・時刻の値を加算・減算結果を取得) 【書式】 resu …

文字列:文字列を指定した形式に変換する(StrConv 関数)

StrConv 関数の使い方 【書式】 result = StrConv ( s …

Mid ステートメント 例
文字列:文字列変数内の一部を置き換える(Mid・MidB ステートメント)

Mid・MidB ステートメントの使い方 【書式】 { Mid | MidB } …

Option Compare Text 例
Option Compare ステートメント

Option Compare ステートメントの使い方 【書式】 Option C …

文字列:指定した文字の文字コードを取得する(Asc 関数)

Asc 関数 【書式】 result = Asc ( string ) 引数・戻 …

日付時刻:時・分・秒を取得(Hour、Minute、Second 関数)

日付時刻から時・分・秒を取得する関数 【書式】 time_hour = Hour …

Volatile メソッド
ユーザー定義関数:自動再計算関数の設定(Volatile メソッド)

ユーザー定義関数で、自動再計算を行うかどうかを設定する ワークシート上で使用する …