ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

文字列:2つの文字列を比較する(StrComp 関数)

   

StrComp 関数の使い方


【書式】

result = StrComp ( string1, string2, [ compare ] )


引数・戻り値

  • string1,string2  ・・・  任意の文字列・文字列式を指定します。
  • compare  ・・・  文字列の比較モード(-1,0,1)を指定します。省略時は、「Option Compare ステートメント」の設定により比較モードが決まります。

    定数 内容
    -1 vbUseCompareOption Option Compare ステートメントの設定を使用して比較
    0 vbBinaryCompare バイナリモードの比較
    1 vbTextCompare テキストモードの比較(大文字・小文字を同一視)
    2 vbDatabaseCompare Microsoft Access の場合のみ有効


  • result  ・・・  文字列を比較し結果に応じて(-1,0,1,Null 値)のいずれかを返します。文字の大小関係は基本的には、ASCIIコード・JISコードの大小となります。ただし、テキストモードでは、「大文字・小文字」、「全角・半角」、「かたかな・ひらがな」はいずれも同一とみなされます。

    戻り値 内容
    -1 string1string2 未満
    0 string1string2 は等しい
    1 string1string2 を超える
    Null 値 string1 または string2 が Null 値




StrComp 関数 の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

StrComp 関数 例




 - VBA基本 , , ,

Comment

  1. あああああ より:

    戻り値の意味が分かりません
    未満ってなんですか
    超えるってなんですか
    含有とは違うのですか

    • 管理人 より:

      文字の大小関係は、文字コードでの大小となります。
      たとえば「c」と「a」を比べると以下のようになります。

        result = StrComp(“c”, “a”)

      この時、ASCII コードで、”c” は、99 、”a” は 97 となります
      つまり、”c” > “a” となるので、result は、1 となります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

カレントフォルダの取得・設定(DefaultFilePath プロパティ)

DefaultFilePath プロパティ カレントフォルダとは、ブックを開いた …

Choose 関数 例01
指定した数値に対応する選択肢の値・数式を返す(Choose 関数)

Choose 関数 の使い方 Choose 関数は、指定されたインデックス値(1 …

四捨五入・切り上げ・切り捨て・丸め(Round 関数 他)

Round 関数(丸め)の使い方 【書式】 value = Round ( ex …

取り消し線を設定する(Strikethrough プロパティ)

取り消し線を設定する(Strikethrough プロパティ) Striketh …

対象のオブジェクトをクリアする(Clear メソッド)

Clear メソッド 対象となるオブジェクト全体をクリアします。Range オブ …

RSet 関数・LSet 関数 例1
文字列:文字列変数の値を右詰めまたは左詰めにする(RSet ステートメント・LSet ステートメント)

RSet ステートメント・LSet ステートメント 【書式】 < RSet ステ …

文字列:文字を指定数並べた文字列を返す(String 関数)

String 関数 【書式】 result = String ( number, …

VBA の演算子(文字連結演算子:& 演算子 + 演算子)

文字連結演算子 文字連結演算子は、文字列の連結を行うときに使用する演算子で、「& …

変数がNull 値かどうかをチェックする( IsNull 関数 )

IsNull 関数の使い方 【書式】 result = IsNull ( exp …

式の値に応じて多分岐を行う(Switch 関数)

Switch 関数 の使い方 Switch 関数は、「式・値」を対にして指定して …