ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

文字列:文字列を指定した形式に変換する(StrConv 関数)

   

StrConv 関数の使い方


【書式】

result = StrConv ( string, conversion )


引数・戻り値

  • string  ・・・  変換する任意の文字列・文字列式を指定します。
  • conversion  ・・・  変換する形式を整数値(定数)で指定します。(設定する値は、下表「変換形式を示す定数(conversion)」を参照)

変換形式を示す定数(conversion)

定数 内容
1 vbUpperCase アルファベットを大文字に変換
2 vbLowerCase アルファベットを小文字に変換
3 vbProperCase 各単語の先頭の文字を大文字に変換
4 vbWide 半角文字(1 バイト)を全角文字(2 バイト)に変換
8 vbNarrow 全角文字(2 バイト)を半角文字(1 バイト)に変換
16 vbKatakana ひらがなをカタカナに変換
32 vbHiragana カタカナをひらがなに変換
64 vbUnicode システムの既定のコードページを使って文字列を Unicode に変換
128 vbFromUnicode 文字列を Unicode からシステムの既定のコードページに変換


StrConv 関数 の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

StrConv 関数 例




 - VBA基本 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

太字・斜体(Bold,Italic,FontStyle)例
フォント 太字・斜体(Bold, Italic, FontStyle プロパティ)

太字の設定(Bold プロパティ) Bold プロパティは、フォントを太字にする …

IMEStatus 関数 例
IME の現在の状態を取得します(IMEStatus 関数)

IMEStatus 関数の使い方 【書式】 result = IMEStatus …

RegExp オブジェクト Test メソッド
VBA で正規表現を使う(RegExp オブジェクトのメソッド)

RegExp オブジェクトのメソッド RegExp オブジェクトの詳細に関しては …

文字列:文字列の空白を削除(Trim 関数, LTrim関数, RTrim関数)

Trim 関数・LTrim 関数・RTrim 関数の使い方 【書式】 <先頭と末 …

カレントフォルダの取得・設定(DefaultFilePath プロパティ)

DefaultFilePath プロパティ カレントフォルダとは、ブックを開いた …

変数が数値型かどうかをチェックする( IsNumeric 関数 )

IsNumeric 関数の使い方 【書式】 result = IsNumeric …

配列(宣言・要素数の変更について)

配列の宣言 【書式】※ 配列の宣言 <Type 型の静的配列(固定長配列)の宣言 …

変数宣言と変数のデータ型
変数のデータ型・宣言(Dim ステートメント)

変数の宣言 一般的な方法 【書式】 Dim varname [ As type, …

Dictionary オブジェクト 使用例1
連想配列(Dictionary オブジェクト)

連想配列 連想配列とは、添字(キー)に文字列を使用することができる配列です。 V …

Collection 01a
コレクション(Collection)オブジェクト「連想配列」

コレクション(Collection)オブジェクトの使い方 【書式】 Dim my …