ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

連想配列(Dictionary オブジェクト)

      2017/10/23

連想配列

連想配列とは、添字(キー)に文字列を使用することができる配列です。
VBA で、連想配列を使用するには、CreateObject 関数の引数に「Scripting.Dictionary」を指定するか、参照設定「Microsoft Scripting Runtime」を設定します。
(※ コレクション(Collection)オブジェクト を簡単な連想配列として使用することも出来ます。)


Dictionary オブジェクト


【書式】

<CreateObject 関数を使用する場合>
Dim myDic As Object
Set myDic = CreateObject(“Scripting.Dictionary”)

<参照設定を行う場合>
Dim myDic As Dictionary
Set myDic = New Dictionary


引数・戻り値

  • myDic  ・・・  Dictionary オブジェクト


Add メソッド

連想配列に新規の「キー」と「値」のセットを追加します。


【書式】

object.Add key, item


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Dictionary オブジェクトを指定します。
  • key  ・・・  追加する「キー」となる文字列を指定します。
  • item  ・・・  追加する「値」を指定します。


Exists メソッド

指定した「キー」が、連想配列に存在するかどうかを確認します。


【書式】

<取得>
bool = object.Exists key


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Dictionary オブジェクトを指定します。
  • key  ・・・  検索する「キー」を指定します。連想配列に存在する場合は、True 、存在しない場合は、False を返します。


Items メソッド

連想配列のすべての「値」を取得します。


【書式】

<取得>
array = object.Items


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Dictionary オブジェクトを指定します。
  • array  ・・・  連想配列の「値」のみを配列として取得したもの
    (例)連想配列 orgArray
    orgArray(“first”) = 100、orgArray(“second”) = 150、orgArray(“third”) = 200 の場合、
    array(0) = 100、array(1) = 150、array(3) = 200


Keys メソッド

連想配列のすべての「キー」を取得します。


【書式】

<取得>
array = object.Keys


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Dictionary オブジェクトを指定します。
  • array  ・・・  連想配列の「キー」のみを配列として取得したもの
    (例)連想配列 orgArray
    orgArray(“first”) = 100、orgArray(“second”) = 150、orgArray(“third”) = 200 の場合、
    array(0) = “first”、array(1) = “second”、array(3) = “third”


Remove メソッド

連想配列の「キー」と「値」のセットを削除します。


【書式】

object.Remove key


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Dictionary オブジェクトを指定します。
  • key  ・・・  削除する「キー」を指定します。「キー」が見つからなかった場合はエラーが発生します。


RemoveAll メソッド

連想配列のすべての「キー」と「値」を削除します。


【書式】

object.RemoveAll


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Dictionary オブジェクトを指定します。


Count プロパティ

連想配列の項目数を取得します。


【書式】

<取得>
object.Count


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Dictionary オブジェクトを指定します。


Item プロパティ

連想配列で、「キー」に関連付けられた「値」を取得します。または、連想配列に新規の「キー」と「値」のセットを追加します。


【書式】

<取得>
value = object[ .Item ](key)

<設定>
object[ .Item ](key) = newitem


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Dictionary オブジェクトを指定します。
  • key  ・・・  取得または設定する項目に関連付けられている「キー」を指定します。
  • newitem  ・・・  「キー」(key)に関連付ける「値」を指定します。


Key プロパティ

指定した「キー」を新しい「キー」に置き換えます。


【書式】

<設定>
object.Key(key) = newkey


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Dictionary オブジェクトを指定します。
  • key  ・・・  変更する「キー」を指定します。
  • newkey  ・・・  key で指定した「キー」と置き換える新規の「キー」を指定します。



VBA で、連想配列を使用する例

サンプルVBAソース1


実行結果

Dictionary オブジェクト 使用例1



サンプルVBAソース2


実行結果

Dictionary オブジェクト 使用例2



 - VBA基本 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

定数(改行・タブ) 使用例
文字列:定数(改行・タブ)

改行・タブの定数 これらの定数は、使用前に定義する必要はありません。コード中のど …

文字列:文字列の長さを取得( Len 関数、LenB 関数 )

Len 関数(文字列の長さを取得) 【書式】 result_len = Len …

ある数値が、複数の範囲のどの範囲に含まれるかを示す文字列を返す(Partition 関数)

Partition 関数 の使い方 Partition 関数は、ある数値が、区切 …

引数が省略されたかどうかをチェックする( IsMissing 関数 )

IsMissing 関数の使い方 【書式】 result = IsMissing …

IsArray 関数 例
変数が配列かどうかをチェックする( IsArray 関数 )

IsArray 関数の使い方 【書式】 result = IsArray( va …

VBA の演算子(文字連結演算子:& 演算子 + 演算子)

文字連結演算子 文字連結演算子は、文字列の連結を行うときに使用する演算子で、「& …

Split 関数(文字列型の一次配列を作成)

Split 関数の使い方 【書式】 myArray = Split ( expr …

配列(多次元配列・配列の次元の変更)

多次元配列 【書式】 多次元配列の宣言 <静的配列(固定長配列)> Dim my …

データ型を調べて、そのデータ型を示す数値を返す(VarType 関数)

VarType 関数 の使い方 VarType 関数は、引数に、データ型を調べた …

データ型変換関数

データ型変換関数の使い方 【書式】 function ( expression …