ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

データ型を調べて、そのデータ型を示す数値を返す(VarType 関数)

      2015/08/26

VarType 関数 の使い方


VarType 関数は、引数に、データ型を調べたい値や変数を指定するとそのデータ型を示す数値を返します。

【書式】

result = VarType ( varname )


引数・戻り値

  • varname  ・・・  調べたい値や変数を指定します。
  • result  ・・・  引数 varname のデータ型を表す数値
    (戻り値は、以下「VarType 関数の戻り値一覧」を参照)。

VarType 関数の戻り値一覧

戻り値
(数値)
定数 内容
0 vbEmpty Empty 値 (未初期化)
1 vbNull Null 値 (無効な値)
2 vbInteger 整数型 (Integer)
3 vbLong 長整数型 (Long)
4 vbSingle 単精度浮動小数点数型 (Single)
5 vbDouble 倍精度浮動小数点数型 (Double)
6 vbCurrency 通貨型 (Currency)
7 vbDate 日付型 (Date)
8 vbString 文字列型 (String)
9 vbObject オブジェクト
10 vbError エラー値
11 vbBoolean ブール型 (Boolean)
12 vbVariant バリアント型 (Variant) (バリアント型配列にのみ使用)
13 vbDataObject 非OLE オートメーション オブジェクト
14 vbDecimal 10 進数型
17 vbByte バイト型 (Byte)
20 vbLongLong LongLong 型の整数
(64 ビット プラットフォーム上でのみ有効)
36 vbUserDefinedType ユーザー定義型を含むバリアント型
8192 vbArray 配列


引数 varname が、バリアント型変数の場合は、内部処理形式を識別する数値を返します。

VarType 関数は、定数 vbArray の値 (8192) を単独では返しません。この値は常にデータ型を表す他の値と加算されて返され、指定した変数がそのデータ型の要素を持つ配列であることを示します。
(例)整数型の要素を持つ配列を指定した場合
   vbInteger + vbArray として計算された値 8194 が返されます。

定数 vbVariant は、常に定数 vbArray と加算されて返され、指定した変数がバリアント型の配列であることを示します。 ⇒ vbVariant + vbArray として計算された値 8204 が返されます。



VarType 関数 の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

VarType 関数 例




 - VBA基本 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

VBA の演算子(論理演算子:And、Eqv、Imp、Not、Or、Xor)

論理演算子 論理演算を行うときに使用する演算子で、以下の 6 種類があります。 …

日付時刻:文字列から日付・時刻データを取得( DateValue 関数、TimeValue 関数 )

DateValue 関数(文字列から日付データを取得) 【書式】 date_va …

Volatile メソッド
ユーザー定義関数:自動再計算関数の設定(Volatile メソッド)

ユーザー定義関数で、自動再計算を行うかどうかを設定する ワークシート上で使用する …

RSet 関数・LSet 関数 例1
文字列:文字列変数の値を右詰めまたは左詰めにする(RSet ステートメント・LSet ステートメント)

RSet ステートメント・LSet ステートメント 【書式】 < RSet ステ …

ClearContents メソッド 例01
データをクリアする(ClearContents メソッド)

ClearContents メソッド 対象がセル範囲(Range オブジェクト) …

no image
xlFileFormat 列挙型

xlFileFormat 列挙型 Workbook.SaveAs メソッド の引 …

InStrRev 関数
文字列:文字列を最後から検索してその最初の文字位置を返す(InStrRev 関数)

InStrRev 関数 任意の文字列の中で、指定した文字列を最後から検索して、見 …

日付時刻:日付時刻データを計算( DateAdd 関数 )

DateAdd 関数(日付・時刻の値を加算・減算結果を取得) 【書式】 resu …

式の値に応じて多分岐を行う(Switch 関数)

Switch 関数 の使い方 Switch 関数は、「式・値」を対にして指定して …

QBColor 関数 使用例
色を設定する(QBColor 関数)

QBColor 関数 QBColor 関数は、指定した色番号に対応するRGB コ …