ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

対象のオブジェクトをクリアする(Clear メソッド)

      2015/10/19

Clear メソッド

対象となるオブジェクト全体をクリアします。Range オブジェクトの場合、数式、値、書式を削除します。

【書式】

object.Clear


項目の説明

  • object  ・・・  対象となる Range オブジェクト(セル範囲)、ChartArea オブジェクト(グラフエリア)、Legend オブジェクト(凡例),ComboBox オブジェクト(コンボボックス),ListBox オブジェクト(リストボックス),ErrObject オブジェクト(エラー),SortFields オブジェクト(並べ替えのキー設定) を指定します。

書式のみ削除する場合は、ClearFormats メソッド を使用します。

データのみをクリアする場合は、ClearContents メソッド を使用します。



Clear メソッド 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

サンプルVBAソース実行前

Clear メソッド 例00

Sub Sample_Clear1 実行

Clear メソッド 例01

Sub Sample_Clear2 実行

Clear メソッド 例03


 - VBA基本 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

文字列:文字列右から指定文字数取得(Right 関数,RightB 関数)

Right 関数・RightB 関数 の使い方 【書式】 result_righ …

RSet 関数・LSet 関数 例1
文字列:文字列変数の値を右詰めまたは左詰めにする(RSet ステートメント・LSet ステートメント)

RSet ステートメント・LSet ステートメント 【書式】 < RSet ステ …

フォント名(Name,ThemeFont,StandardFont) 例
フォント名(Name,ThemeFont,StandardFont)

フォント名を取得・設定する(Name プロパティ) Name プロパティは、オブ …

カレントフォルダの変更・確認
カレントフォルダ(CurDir 関数、ChDir ステートメント、ChDrive ステートメント)

カレントフォルダ カレントフォルダとは、ブックを開いたり保存するときに既定で参照 …

データ型変換関数

データ型変換関数の使い方 【書式】 function ( expression …

文字列:2つの文字列を比較する(StrComp 関数)

StrComp 関数の使い方 【書式】 result = StrComp ( s …

Split 関数(文字列型の一次配列を作成)

Split 関数の使い方 【書式】 myArray = Split ( expr …

DateSerial 関数 TimeSerial 関数 使用例
日付時刻:数値から日付・時刻データを取得( DateSerial 関数、TimeSerial 関数 )

DateSerial 関数(数値を使って日付データを取得) 【書式】 date …

Volatile メソッド
ユーザー定義関数:自動再計算関数の設定(Volatile メソッド)

ユーザー定義関数で、自動再計算を行うかどうかを設定する ワークシート上で使用する …

現在の日付時刻を取得する
日付時刻:現在の日付・時刻を取得・設定(Now、Date、Time)

現在の日付・時刻を取得・設定 現在の日付・時刻を取得(Now 関数、Date 関 …