ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

Join 関数(配列の要素を結合)

   

Join 関数

1次元配列の各要素を指定した区切り文字で連結します。


【書式】

myString = Join ( SourceArray [, Delimiter ] )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Application オブジェクトを指定します。
  • SourceArray  ・・・  結合したい文字列を含む1次元配列を指定します。
  • Delimiter  ・・・  上記配列の値(文字列)を結合する部分に使用する文字列を指定します。省略した場合は、””(空白文字)が使用されます。
  • myString  ・・・  引数 SourceArray に指定した配列の各値(文字列)を引数 Delimiter で指定した文字列で連結します。

文字列を指定した区切り文字で分割し、1次元配列を作成するには、Split 関数 を使用します。

引数 SourceArray に、文字列型(String)の配列、バリアント型(Variant)の配列以外の配列を指定するとエラーが発生します。



Split 関数 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Join 関数



 - VBA基本 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

Volatile メソッド
ユーザー定義関数:自動再計算関数の設定(Volatile メソッド)

ユーザー定義関数で、自動再計算を行うかどうかを設定する ワークシート上で使用する …

データ型を調べてそのデータ型を示す文字列を返す(TypeName 関数)

TypeName 関数 の使い方 TypeName 関数は、引数に、データ型を調 …

書式を変換(Format 関数)

Format 関数の使い方 【書式】 result = Format ( exp …

IMEStatus 関数 例
IME の現在の状態を取得します(IMEStatus 関数)

IMEStatus 関数の使い方 【書式】 result = IMEStatus …

ThisCell プロパティ
ユーザー定義関数:セルを取得する(ThisCell プロパティ)

入力されたセルを取得する ワークシート上で使用する Function プロシージ …

カレントフォルダの変更・確認
カレントフォルダ(CurDir 関数、ChDir ステートメント、ChDrive ステートメント)

カレントフォルダ カレントフォルダとは、ブックを開いたり保存するときに既定で参照 …

日付時刻:日付時刻データを計算( DateAdd 関数 )

DateAdd 関数(日付・時刻の値を加算・減算結果を取得) 【書式】 resu …

オブジェクトの書式をクリアする(ClearFormats メソッド)

ClearFormats メソッド 対象となるオブジェクトの書式(スタイル)を初 …

文字列:文字列を検索してその最初の文字位置を返す(InStr 関数,InStrB 関数)

InStr 関数・InStrB 関数の使い方 【書式】 result = { I …

指定した値を8進数で表記した文字列に変換する(Oct 関数)

Oct 関数 の使い方 【書式】 result = Oct ( expressi …