ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

列名を取得、列番号を取得(Address プロパティ,Column プロパティ)

   

列番号を取得する

セル番地(「A1」や「B3」)や列名(「A」「B」「C」… )から列番号を取得するするには、Column プロパティ を利用します。


【書式】

columnnumber = object.Column


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Range オブジェクトを指定します。セル範囲を指定した場合、左上端のセルを参照します。
  • columnnumber  ・・・  列の番号を表す長整数型(Long)の値。

Column プロパティ に関しては、セルの行番号または列番号を取得 を参照してください。



列名を取得する

列番号から列名を取得する関数やプロパティはありませんが、Address プロパティSplit 関数 を組み合わせて利用すると取得することができます。


【書式】

columnname = Split ( Cells( [ rownumber ], columnnumber ).Address, “$” )(1)


引数・戻り値

  • rownumber  ・・・  行の番号を表す長整数型(Long)の値を指定します。(省略可)
  • columnnumber  ・・・  列の番号を表す長整数型(Long)の値を指定します。
  • columnname  ・・・  列名を表す文字列型(String)の値。

Address プロパティ に関しては、セルのアドレスを確認(Address プロパティ) を参照してください。

Split 関数 に関しては、Split 関数(文字列型の一次配列を作成) を参照してください。



列名を取得、列番号を取得 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

列名・列番号取得 使用例


 - セルの操作 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

AutoFill メソッド 使用例 1
連続データを入力する(AutoFill メソッド)

AutoFill メソッド Excel で、連続するデータを入力する「オートフィ …

2つ以上のセル範囲を1つにまとめて参照(Union メソッド)

Union メソッド Union メソッドは、2つ以上のセル範囲を1つにまとめて …

セル・セル範囲に名前を定義・削除(Name プロパティ・Names コレクション)

セル・セル範囲に名前を定義(Name プロパティ) Range オブジェクトのN …

フリガナ(Phonetic プロパティ)

Phonetic プロパティ 文字列(漢字など)をキーボードから入力した時の「読 …

Stop
入力規則(リストで制限する)Validation.Add メソッド

ドロップダウンリストで入力値を制限 Validation.Add メソッド(また …

アクティブなセルを参照する(ActiveCell プロパティ)

ActiveCell プロパティ ActiveCell プロパティは、各ウィンド …

対象のセルが配列数式の一部かどうか(HasArray プロパティ)

HasArray プロパティ HasArray プロパティは、対象のセルが配列数 …

文字列の横位置を取得・設定する(HorizontalAlignment プロパティ)

HorizontalAlignment プロパティ HorizontalAlig …

網かけ(パターン)の取得・設定(Pattern プロパティ)

網かけ(パターン)を取得・設定する セルの背景に網かけ(パターン)を設定したり、 …

A1 形式と R1C1 形式を変換、相対参照と絶対参照を変換(ConvertFormula)

ConvertFormula メソッド 数式で参照しているアドレスの相対参照と絶 …