ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

オートフィルタ(抽出件数の取得・結果集計)AutoFilter メソッド

   

ワークシート関数の Subtotal 関数 の使い方

VBA には、オートフィルタの抽出件数を取得するプロパティやメソッドがないため、ワークシート関数の SABTOTAL 関数WorksheetFunction プロパティ から呼び出して使用します。さらに、SABTOTAL 関数 を使用して、抽出結果を対象にさまざまな集計を行うことが可能です。


【書式】

object.WorksheetFunction.Subtotal ( arg1, arg2 )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Application オブジェクトを指定します。
  • arg1  ・・・  集計方法を整数値で指定します。(省略不可)
    対応する関数 内容
    1 AVERAGE 平均
    2 COUNT 数値を含むセル数
    3 COUNTA 空白でないセル数
    4 MAX 最大値
    5 MIN 最小値
    6 PRODUCT
    7 STDEV 標本標準偏差
    8 STDEVP 標準偏差
    9 SUM 合計
    10 VAR 不偏分散
    11 VARP 標本分散

  • arg2  ・・・  集計対象のセル範囲(Range オブジェクト)を指定します。(省略不可)

AutoFilter メソッド については、オートフィルタ(AutoFilter メソッド) 等を参照してください。



オートフィルタの結果を集計する使用例

サンプルVBAソース 1


実行結果

サンプルVBAソース 実行前

AutoFilter メソッド 使用例12_1

実行後

AutoFilter メソッド 使用例12_2



サンプルVBAソース 2


実行結果

サンプルVBAソース 実行前

AutoFilter メソッド 使用例12_3

実行後

AutoFilter メソッド 使用例12_4


 - セルの操作 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

配列数式を取得または設定する(FormulaArray プロパティ)

FormulaArray プロパティ FormulaArray プロパティは、対 …

Validation オブジェクト 使用例5
入力規則(日本語入力)Validation オブジェクト,IMEMode プロパティ

IMEMode プロパティ Validation.IMEMode プロパティ を …

使用中のセル範囲を取得(CurrentRegion プロパティ)

CurrentRegion プロパティ CurrentRegion プロパティは …

セルを削除する(Delete メソッド)

Delete メソッド Delete メソッドで、指定したセル・セル範囲を削除し …

A1 形式と R1C1 形式を変換、相対参照と絶対参照を変換(ConvertFormula)

ConvertFormula メソッド 数式で参照しているアドレスの相対参照と絶 …

対象のセルを参照している全てのセルを取得(Dependents プロパティ)

Dependents プロパティ Dependents プロパティは、対象のセル …

FormulaHidden プロパティ 例1
数式を非表示にする(FormulaHidden プロパティ)

FormulaHidden プロパティ 数式が入力されたセルを選択するとその数式 …

行の高さを取得・設定・する(RowHeight プロパティ)

RowHeight プロパティ RowHeight プロパティは、対象セルの高さ …

並べ替え(Sort メソッド)

Sort メソッド 任意のセル範囲内で、並べ替えを行います。引数で、並べ替えの条 …

セルの値を置換(Replace メソッド)

Replace メソッド 任意のセル範囲内から特定の値を一括して置換します。Fi …