ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

VBA で正規表現を使う(RegExp オブジェクトのプロパティ)

      2018/03/24

RegExp オブジェクトのプロパティ

RegExp オブジェクトの詳細に関しては、VBA で正規表現を使う(RegExp オブジェクト)、メソッドの詳細に関しては、RegExp オブジェクトのメソッド を参照してください。


Pattern プロパティ

検索される正規表現のパターンを設定します。値の取得も可能です。


【書式】

object.Pattern = SearchString


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる RegExp オブジェクトを指定します。
  • SearchString  ・・・  検索される文字列式を指定します。正規表現で使用できる文字等に関しては、VBA で正規表現を使う(RegExp オブジェクト) を参照してください。


IgnoreCase プロパティ

パターン検索で大文字と小文字を区別するかどうかを設定します。


【書式】

object.IgnoreCase = boolean


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる RegExp オブジェクトを指定します。
  • boolean  ・・・  パターン検索するときに、大文字・小文字を区別するかどうかを指定します。True に設定すると大文字・小文字を区別しなくなります。既定値は、False です。


実行結果

IgnoreCase プロパティ


Global プロパティ

検索文字列全体についてのパターンとの一致を検索するかどうかを設定します。


【書式】

object.Global = boolean


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる RegExp オブジェクトを指定します。
  • boolean  ・・・  ブール型(Boolean)の値を指定します。検索文字列全体についてのパターンとの一致を検索する場合は、True、最初の一致だけを検索する場合は、False(既定値)を指定します。



実行結果

Global プロパティ


MultiLine プロパティ

文字列を複数行として扱うかどうかを設定します。


【書式】

object.MultiLine = boolean


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる RegExp オブジェクトを指定します。
  • boolean  ・・・  ブール型(Boolean)の値を指定します。文字列を複数行として扱う場合は、True を指定します。この場合、各行の先頭や末尾で、“^”“$” がマッチするようになります。初期値は False に設定されています。



実行結果

MultiLine プロパティ



 - VBA基本 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

Mid ステートメント 例
文字列:文字列変数内の一部を置き換える(Mid・MidB ステートメント)

Mid・MidB ステートメントの使い方 【書式】 { Mid | MidB } …

引数の整数部分を取得する(Fix 関数・Int 関数)

Fix 関数・Int 関数の使い方 【書式】 number_fix = Fix …

変数がオブジェクト型かどうかをチェックする( IsObject 関数 )

IsObject 関数の使い方 【書式】 result = IsObject ( …

日付時刻:文字列から日付・時刻データを取得( DateValue 関数、TimeValue 関数 )

DateValue 関数(文字列から日付データを取得) 【書式】 date_va …

日付時刻:年・月・日を取得(Year、Month、Day 関数)

日付から年・月・日を取得する関数 【書式】 date_year = Year ( …

カレントフォルダの変更・確認
カレントフォルダ(CurDir 関数、ChDir ステートメント、ChDrive ステートメント)

カレントフォルダ カレントフォルダとは、ブックを開いたり保存するときに既定で参照 …

日付時刻:時・分・秒を取得(Hour、Minute、Second 関数)

日付時刻から時・分・秒を取得する関数 【書式】 time_hour = Hour …

RSet 関数・LSet 関数 例1
文字列:文字列変数の値を右詰めまたは左詰めにする(RSet ステートメント・LSet ステートメント)

RSet ステートメント・LSet ステートメント 【書式】 < RSet ステ …

IMEStatus 関数 例
IME の現在の状態を取得します(IMEStatus 関数)

IMEStatus 関数の使い方 【書式】 result = IMEStatus …

no image
xlFileFormat 列挙型

xlFileFormat 列挙型 Workbook.SaveAs メソッド の引 …