ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

日付時刻:日付時刻から情報取得( DatePart 関数 )

      2015/08/26

DatePart 関数(日付・時刻の値から情報を取得)


【書式】

result = DatePart ( interval, date, [ firstdayofweek, firstweekofyear ] )


引数・戻り値

  • interval  ・・・  調べたい情報に対応する「時刻・時間の単位」を表す文字列式を指定します(「時刻・時間単位の設定値表」を参照 )。
  • date  ・・・  基準となる日付・時刻を指定します(内部処理形式 Date のバリアント型の値、もしくはリテラル文字列)。
  • firstdayofweek  ・・・  週の始まりの曜日を表す定数を指定します。省略すると日曜日を指定したものとみなされます(「週の始まりの曜日を示す定数」を参照 )。
  • firstweekofyear  ・・・  年度の第 1 週を表す定数を指定します。省略すると、1 月 1 日を含む週が第 1 週とみなされます(「年度の始まりを示す定数」を参照 )。
  • result  ・・・  引数 date に対して、interval で指定した単位に対応するバリアント型(内部処理形式 Integer)の値。


時刻・時間単位の設定値表(interval に指定する値)

内容 備考
yyyy
q 四半期
m
y 年間通算日 元旦から数えて何日か
d
ww 週日 年の始まりの週から数えて何週目か
w 週初めから数えて何番目か
h
n
s


週の始まりの曜日を示す定数(firstdayofweek に指定する値)

定数 内容
0 vbUseSystem NLS(システムの各国対応)APIの設定値を使用
1 vbSunday 日曜日(規定値)
2 vbMonday 月曜日
3 vbTuesday 火曜日
4 vbWednesday 水曜日
5 vbThursday 木曜日
6 vbFriday 金曜日
7 vbSaturday 土曜日


年度の始まりを示す定数(firstweekofyear に指定する値)

定数 内容
0 vbUseSystem NLS(システムの各国対応)APIの設定値を使用
1 vbFirstJan1 1月1日を含む週を年度の第1週とする(規定値)
2 vbFirstFourDays 7日のうち少なくとも4日が新年度に含まれる週を年度の第1週とする
3 vbFirstFullWeek 全体が新年度に含まれる最初の週を年度の第1週とする



DatePart 関数の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

DatePart 関数 使用例




 - VBA基本 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

UBound LBound 関数 使用例01
配列の要素数を取得する(UBound 関数・LBound 関数)

UBound 関数・LBound 関数 【書式】 result = UBound …

メッセージボックス使用例
メッセージボックスを表示(MsgBox関数)

MsgBox関数 【書式】 result = MsgBox ( Prompt [ …

演算子の優先順位
VBA の演算子(演算子の優先順位)

演算子の優先順位 演算子の優先順位とは、1つの式の中に演算子が複数ある場合、どの …

カレントフォルダの変更・確認
カレントフォルダ(CurDir 関数、ChDir ステートメント、ChDrive ステートメント)

カレントフォルダ カレントフォルダとは、ブックを開いたり保存するときに既定で参照 …

Chr 関数 例
文字列:指定した文字コードに対応する文字を返す(Chr 関数)

Chr 関数の使い方 【書式】 result = Chr ( code ) 引数 …

データ型変換関数

データ型変換関数の使い方 【書式】 function ( expression …

書式を変換(Format 関数)

Format 関数の使い方 【書式】 result = Format ( exp …

文字列:文字列の長さを取得( Len 関数、LenB 関数 )

Len 関数(文字列の長さを取得) 【書式】 result_len = Len …

データ型を調べてそのデータ型を示す文字列を返す(TypeName 関数)

TypeName 関数 の使い方 TypeName 関数は、引数に、データ型を調 …

文字列:文字列の一部を別の文字列で置換(Replace 関数)

Replace 関数の使い方 【書式】 result = Replace ( s …