ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

乱数を生成する(Rnd 関数)

      2015/08/26

Rnd 関数の使い方


Rnd 関数は、0 以上、1 未満の範囲の乱数を単精度浮動小数点(Single)で生成します。

【書式】

result = Rnd [ ( number ) ]

< 整数 min から max の間で、ランダムな整数値 result_int を取得する場合 >
result_int = Int ( Rnd * ( maxmin + 1 ) ) + min


引数・戻り値

  • number  ・・・  対象となる数値または数式を指定します。指定する値によって返される乱数は、以下の表の通りです。(省略可)

    number の値 戻り値
    < 0 引数 number のシード値によって決まる同じ数値
    > 0 乱数系列の次の乱数
    = 0 直前に生成した乱数
    省略 乱数系列の次の乱数

  • result  ・・・  0 以上 1 未満の範囲の値。
  • max  ・・・  生成する乱数の範囲の上限値(整数)を指定します。
  • min  ・・・  生成する乱数の範囲の下限値(整数)を指定します。
  • result_int  ・・・  生成された乱数( min から max の間の整数値)


初期シード値が変わらない限り、一連の Rnd 関数が返す乱数系列は同じになります。これは、連続する各 Rnd 関数が乱数系列の中の直前の乱数をシード値として、次の乱数をそれぞれ生成するためです。( ⇒ サンプルVBAソース その2を参照)
引数を指定せずに、Randomize ステートメントを実行すると乱数ジェネレータを初期化することができます。

乱数系列を繰り返すには、数値を指定して Randomize ステートメントを実行する直前に、負の引数を指定して Rnd 関数を呼び出します。引数 number に同じ値を指定して Randomize ステートメントを使用しても、前の乱数系列を繰り返すことはできません。




Rnd 関数の使用例

サンプルVBAソース その1


実行結果

乱数(Rnd 関数)例1



サンプルVBAソース その2


実行結果

上記「サンプルVBAソース その2」をセルA1 からA5 で実行して保存後、一旦終了します。

乱数(Rnd 関数)例2-1

保存したブックを開いて「サンプルVBAソース その2」をセルB1 からB5 で実行した結果

乱数(Rnd 関数)例2-2

乱数シード値(Randomize)を設定しない場合は、上記のとおり実行結果は常に一定になります。
「サンプルVBAソース その2」の4行目のコメントをはずして、Randomize ステートメントを実行すると乱数ジェネレータを初期化することができます。




 - VBA基本 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

画面の更新を停止(ScreenUpdating プロパティ)

画面の更新を停止 マクロを実行すると、画面が更新されます。これにより、実行速度が …

指定した文字列を数値に変換する(Val 関数)

Val 関数 の使い方 Val 関数は、指定した文字列に含まれる数字を数値として …

変数が数値型かどうかをチェックする( IsNumeric 関数 )

IsNumeric 関数の使い方 【書式】 result = IsNumeric …

IMEStatus 関数 例
IME の現在の状態を取得します(IMEStatus 関数)

IMEStatus 関数の使い方 【書式】 result = IMEStatus …

VBA正規表現使用例
VBA で正規表現を使う(RegExp オブジェクト)

RegExp オブジェクト VBA で正規表現を使うには、VBScript のR …

定数(改行・タブ) 使用例
文字列:定数(改行・タブ)

改行・タブの定数 これらの定数は、使用前に定義する必要はありません。コード中のど …

カレントフォルダの取得・設定(DefaultFilePath プロパティ)

DefaultFilePath プロパティ カレントフォルダとは、ブックを開いた …

変数がNull 値かどうかをチェックする( IsNull 関数 )

IsNull 関数の使い方 【書式】 result = IsNull ( exp …

Timer 関数 使用例
日付時刻:経過時間を取得( Timer 関数 )

Timer 関数の使い方 【書式】 result = Timer () 【戻り値 …

エラー(CVErr 関数・IsError 関数・Error 関数)

CVErr 関数(エラー番号をエラー値に変換する)の使い方 【書式】 retur …