ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

データをクリアする(ClearContents メソッド)

      2015/10/19

ClearContents メソッド

対象がセル範囲(Range オブジェクト)の場合、セルに入力されている値、数式(書式は除く)を削除します。
対象がグラフ(Chart オブジェクト)の場合、グラフデータ(グラフの書式は除く)を削除します。

【書式】

object.ClearContents


項目の説明

  • object  ・・・  対象となる Range オブジェクトChart オブジェクトを指定します。

書式のみ削除する場合は、ClearFormats メソッド を使用します。

指定したオブジェクト全体(書式とデータ)をクリアする場合は、Clear メソッド を使用します。



ClearContents メソッド 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

サンプルVBAソース実行前

ClearContents メソッド 例01

実行後

ClearContents メソッド 例02


 - VBA基本 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

Weekday 関数・WeekdayName 関数 使用例
日付時刻:日付から曜日を取得( Weekday 関数、WeekdayName 関数 )

Weekday 関数(日付から曜日を表す数値を返す)の使い方 【書式】 week …

オートシェイプの種類を表す定数
オートシェイプの種類を表す定数(MsoAutoShapeType 列挙型)

MsoAutoShapeType 列挙型 オートシェイプオブジェクトの図形の種類 …

Volatile メソッド
ユーザー定義関数:自動再計算関数の設定(Volatile メソッド)

ユーザー定義関数で、自動再計算を行うかどうかを設定する ワークシート上で使用する …

Choose 関数 例01
指定した数値に対応する選択肢の値・数式を返す(Choose 関数)

Choose 関数 の使い方 Choose 関数は、指定されたインデックス値(1 …

Timer 関数 使用例
日付時刻:経過時間を取得( Timer 関数 )

Timer 関数の使い方 【書式】 result = Timer () 【戻り値 …

取り消し線を設定する(Strikethrough プロパティ)

取り消し線を設定する(Strikethrough プロパティ) Striketh …

日付時刻:日付時刻データを計算( DateAdd 関数 )

DateAdd 関数(日付・時刻の値を加算・減算結果を取得) 【書式】 resu …

DateSerial 関数 TimeSerial 関数 使用例
日付時刻:数値から日付・時刻データを取得( DateSerial 関数、TimeSerial 関数 )

DateSerial 関数(数値を使って日付データを取得) 【書式】 date …

文字列:指定した数の空白(スペース)からなる文字列を返す(Space 関数)

Space 関数 【書式】 result = Space ( number ) …

文字列:文字列の一部を別の文字列で置換(Replace 関数)

Replace 関数の使い方 【書式】 result = Replace ( s …