ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

カレントフォルダ(CurDir 関数、ChDir ステートメント、ChDrive ステートメント)

   

カレントフォルダ

カレントフォルダとは、ブックを開いたり保存するときに既定で参照する場所のことです。カレントフォルダを取得するには、CurDir 関数 を使用します。カレントフォルダを変更するには、ChDir ステートメントを、カレントドライブを変更するには、ChDrive ステートメント を使用します。



CurDir 関数

引数で指定したドライブのカレントフォルダのパスを表す文字列型(String)の値を取得します。


【書式】

string = CurDir( [ drive ] )


引数・戻り値

  • drive  ・・・  ドライブ名を文字列で指定します。省略すると現在のカレントドライブを指定します。「C:」のように指定します。


ChDir ステートメント

引数で指定したパスにカレントフォルダを変更します。ただし異なるドライブのパスを指定することはできません。


【書式】

ChDir( path )


引数・戻り値

  • path  ・・・  カレントフォルダに設定したいパスを文字列で指定します。


ChDrive ステートメント

ChDir ステートメントでは、ドライブを変更することができません。異なるドライブの任意のフォルダをカレントフォルダに設定したい場合、先に、ChDrive ステートメントを実行しカレントドライブを変更しておきます。


【書式】

ChDrive( drive )


引数・戻り値

  • drive  ・・・  ドライブ名を指定します。
    (例)ChDrive = “D” (カレントドライブを D ドライブに変更)


CurDir 関数 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

カレントフォルダの変更・確認


 - VBA基本 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

変数が数値型かどうかをチェックする( IsNumeric 関数 )

IsNumeric 関数の使い方 【書式】 result = IsNumeric …

日付時刻:文字列から日付・時刻データを取得( DateValue 関数、TimeValue 関数 )

DateValue 関数(文字列から日付データを取得) 【書式】 date_va …

IMEStatus 関数 例
IME の現在の状態を取得します(IMEStatus 関数)

IMEStatus 関数の使い方 【書式】 result = IMEStatus …

InStrRev 関数
文字列:文字列を最後から検索してその最初の文字位置を返す(InStrRev 関数)

InStrRev 関数 任意の文字列の中で、指定した文字列を最後から検索して、見 …

no image
VBA の演算子(算術演算子)

算術演算子 算術演算を行うときに使用する演算子です。 ^(べき乗)、*(積)、/ …

Join 関数
Join 関数(配列の要素を結合)

Join 関数 1次元配列の各要素を指定した区切り文字で連結します。 【書式】 …

VBA の演算子(論理演算子:And、Eqv、Imp、Not、Or、Xor)

論理演算子 論理演算を行うときに使用する演算子で、以下の 6 種類があります。 …

指定した値を8進数で表記した文字列に変換する(Oct 関数)

Oct 関数 の使い方 【書式】 result = Oct ( expressi …

式を評価し、結果(真・偽)に応じた式・値を返す(IIf 関数)

IIf 関数 の使い方 IIf(アイイフ)関数は、式を評価してその結果(真・偽) …

Volatile メソッド
ユーザー定義関数:自動再計算関数の設定(Volatile メソッド)

ユーザー定義関数で、自動再計算を行うかどうかを設定する ワークシート上で使用する …