ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

コレクション(Collection)オブジェクト「連想配列」

      2017/10/12

コレクション(Collection)オブジェクトの使い方


【書式】

Dim myCollection As Collection

Set myCollection = New Collection


コレクションを利用するため、変数を Collection 型で宣言し、New ステートメントを使用して、Collection オブジェクトをセットします。

コレクション(Collection)オブジェクトは、要素(myItem)とそれを取り出すためのキー(Key)を持ち、簡単な連想配列として使用できます。(本格的な連想配列を利用するには 連想配列(Dictionary オブジェクト)を参照して下さい。)


【メソッド】

myCollection.Add ( myItem [, Key, Before, After ] )

myCollection.Remove ( { Index | Key } )

myItem = myCollection.[ Item ] ( { Index | Key } )


【プロパティ】

ItemCount = myCollection.Count


【各項目の説明】

  • myCollection  ・・・  コレクション( Collection )オブジェクト
  • myItem  ・・・  コレクション( Collection )に追加するメンバ(要素)
  • Before  ・・・  Add メソッド 使用時、ここで指定したインデックス番号のメンバ(要素)の前に追加します。(省略可)
  • After  ・・・  Add メソッド 使用時、ここで指定したインデックス番号のメンバ(要素)の後に追加します。(省略可)
  • Index  ・・・  コレクション( Collection )のメンバ(要素)の位置(インデックス番号)
  • Key  ・・・  コレクション( Collection )のメンバ(要素)を取り出すときに使用する名前で文字列で指定します。Add メソッド 使用時、省略した場合は、Item メソッド で取り出すときインデックス番号( Index )しか使用できません。また、数値を指定するとエラーになります(CStr 等の型変換関数で、文字列型にすると設定でいます)。
  • ItemCount  ・・・  コレクション( Collection )のメンバ(要素)数

Item メソッドは、コレクション( Collection )の規定メソッドなので、「Item」は省略することができます。

Add メソッド を利用して追加したメンバ(要素)には、自動的に1から始まるインデックス番号がつけられます。

Add メソッド で、メンバ(要素)を追加する際、すでに設定されている「キー」(Key )を設定してしまうとエラーが発生します。



コレクション(Collection)使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Collection 01a

Collection 01b


サンプルVBAソース


実行結果

Collection 02




 - VBA基本 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

指定した数値を文字列に変換する(Str 関数)

Str 関数 の使い方 Str 関数は、数値・数式を文字列に変換して返す関数です …

ADO Stream オブジェクト テキスト(UTF-8)読み込み
テキストファイル(UTF-8)を読み込み、書き出し(ADODB.Stream)

Stream オブジェクト ADO(ActiveX Database Objec …

引数が省略されたかどうかをチェックする( IsMissing 関数 )

IsMissing 関数の使い方 【書式】 result = IsMissing …

文字列:文字列の長さを取得( Len 関数、LenB 関数 )

Len 関数(文字列の長さを取得) 【書式】 result_len = Len …

書式を変換(Format 関数)

Format 関数の使い方 【書式】 result = Format ( exp …

ThisCell プロパティ
ユーザー定義関数:セルを取得する(ThisCell プロパティ)

入力されたセルを取得する ワークシート上で使用する Function プロシージ …

Chr 関数 例
文字列:指定した文字コードに対応する文字を返す(Chr 関数)

Chr 関数の使い方 【書式】 result = Chr ( code ) 引数 …

定数(改行・タブ) 使用例
文字列:定数(改行・タブ)

改行・タブの定数 これらの定数は、使用前に定義する必要はありません。コード中のど …

文字列:文字列左から指定文字数取得(Left 関数,LeftB 関数)

Left 関数・LeftB 関数 の使い方 【書式】 result_left = …

文字列:文字列の指定した位置から指定文字数取得(Mid 関数,MidB 関数)

Mid 関数・MidB 関数 の使い方 【書式】 result_mid = Mi …