ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

日付時刻:日付時刻データを計算( DateAdd 関数 )

      2015/08/26

DateAdd 関数(日付・時刻の値を加算・減算結果を取得)


【書式】

result_date = DateAdd ( interval, number, date )


【引数・戻り値】

  • interval  ・・・  加減する時間間隔の単位を文字列式で指定します。(下表「時間間隔の単位を示す単位」を参照
  • number  ・・・  加減する時間間隔の数値・数式を指定します(将来の日時を取得する場合は正数、過去の日時を取得するには負数を指定します)。
  • date  ・・・  元となる日付・時刻を指定します(内部処理形式 Date のバリアント型の値、もしくはリテラル文字列)。
  • result_date  ・・・  引数 date に、number を加算(減算)した日付(バリアント型の値)。

時間間隔の単位を示す単位(interval に指定する値)の一覧

内容 備考
yyyy
q 四半期
m
y 年間通算日 d を設定した時と同じ結果になる
d
w 週日 d を設定した時と同じ結果になる
ww
h
n 注意「m」ではなく「n」
s


DateAdd 関数の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

DateAdd 関数 使用例




 - VBA基本 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

Choose 関数 例01
指定した数値に対応する選択肢の値・数式を返す(Choose 関数)

Choose 関数 の使い方 Choose 関数は、指定されたインデックス値(1 …

配列の添字の最小値を「1」に設定する

Option Base ステートメントを使用する 【書式】 Option Bas …

変数がEmpty 値かどうかをチェックする( IsEmpty 関数 )

IsEmpty 関数の使い方 【書式】 result = IsEmpty ( e …

Dictionary オブジェクト 使用例1
連想配列(Dictionary オブジェクト)

連想配列 連想配列とは、添字(キー)に文字列を使用することができる配列です。 V …

書式を変換(Format 関数)

Format 関数の使い方 【書式】 result = Format ( exp …

変数宣言と変数のデータ型
変数のデータ型・宣言(Dim ステートメント)

変数の宣言 一般的な方法 【書式】 Dim varname [ As type, …

文字列:文字を指定数並べた文字列を返す(String 関数)

String 関数 【書式】 result = String ( number, …

no image
VBA の演算子(算術演算子)

算術演算子 算術演算を行うときに使用する演算子です。 ^(べき乗)、*(積)、/ …

Spc 関数 01
指定した数のスペースを挿入する(Spc 関数)

指定した数のスペースを挿入 指定した数のスペースを挿入するには、Spc 関数を使 …

Weekday 関数・WeekdayName 関数 使用例
日付時刻:日付から曜日を取得( Weekday 関数、WeekdayName 関数 )

Weekday 関数(日付から曜日を表す数値を返す)の使い方 【書式】 week …