ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

Erase ステートメント(配列の初期化・動的配列のメモリ解放)

   

Erase ステートメントの使い方


【書式】

Erase myArray [, myArray1, myArray2 … ]


【項目の説明】

  • myArray  ・・・  消去する配列の変数名。複数指定する場合は、カンマ (,) で区切ります。

静的配列(通常の配列)の場合:すべての要素がデータ型に応じた初期値(下記の表を参照)でクリアされます。

動的配列:要素の保持自体を破棄し、要素をひとつも持たない宣言時の状態に戻ります(要素に割り当てたメモリは解放します)。
再利用するには、再度 ReDim ステートメントで、要素等をしていします。


静的配列の要素による Erase ステートメント実行結果

配列の型 Erase ステートメント実行結果
数値型の配列 各要素は、「0」に設定されます
文字列型(可変長)の配列 各要素は、長さ「0」の文字列(””)に設定されます
文字列型(固定長)の配列 各要素は、「0」に設定されます
バリアント( Variant )型の配列 各要素は、Empty 値 に設定されます
ユーザー定義型の配列 各要素は、別々の変数として設定されます
オブジェクト型の配列 各要素は、Nothing に設定されます


Erase ステートメントの使用例

VBAソース


実行結果

Erase ステートメント 例




 - VBA基本

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

変数がEmpty 値かどうかをチェックする( IsEmpty 関数 )

IsEmpty 関数の使い方 【書式】 result = IsEmpty ( e …

IMEStatus 関数 例
IME の現在の状態を取得します(IMEStatus 関数)

IMEStatus 関数の使い方 【書式】 result = IMEStatus …

ThisCell プロパティ
ユーザー定義関数:セルを取得する(ThisCell プロパティ)

入力されたセルを取得する ワークシート上で使用する Function プロシージ …

配列の添字の最小値を「1」に設定する

Option Base ステートメントを使用する 【書式】 Option Bas …

Chr 関数 例
文字列:指定した文字コードに対応する文字を返す(Chr 関数)

Chr 関数の使い方 【書式】 result = Chr ( code ) 引数 …

InStrRev 関数
文字列:文字列を最後から検索してその最初の文字位置を返す(InStrRev 関数)

InStrRev 関数 任意の文字列の中で、指定した文字列を最後から検索して、見 …

指定した数値を文字列に変換する(Str 関数)

Str 関数 の使い方 Str 関数は、数値・数式を文字列に変換して返す関数です …

メッセージボックス使用例
メッセージボックスを表示(MsgBox関数)

MsgBox関数 【書式】 result = MsgBox ( Prompt [ …

IgnoreCase プロパティ
VBA で正規表現を使う(RegExp オブジェクトのプロパティ)

RegExp オブジェクトのプロパティ RegExp オブジェクトの詳細に関して …

四捨五入・切り上げ・切り捨て・丸め(Round 関数 他)

Round 関数(丸め)の使い方 【書式】 value = Round ( ex …