ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

フォント 太字・斜体(Bold, Italic, FontStyle プロパティ)

   

太字の設定(Bold プロパティ)

Bold プロパティは、フォントを太字にするかどうかを設定します。True の場合は、太字に、False にすると標準の太さに戻ります。値の取得および設定が可能です。


【書式】

<取得>
object.Bold

<設定>
object.Bold = boolean


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Font オブジェクトを指定します。
  • boolean  ・・・  フォントを太字にする場合、True を指定します。そうでない場合は、False を指定します。


斜体の設定(Italic プロパティ)

Italic プロパティは、フォントを斜体にするかどうかを設定します。True の場合は、斜体に、False にすると標準の書体に戻ります。値の取得および設定が可能です。


【書式】

<取得>
object.Italic

<設定>
object.Italic = boolean


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Font オブジェクトを指定します。
  • boolean  ・・・  フォントを斜体にする場合、True を指定します。そうでない場合は、False を指定します。


太字・斜体の設定(FontStyle プロパティ)

FontStyle プロパティは、フォントのスタイルを文字列型(String)の値で設定します。値の取得および設定が可能です。


【書式】

<取得>
object.FontStyle

<設定>
object.FontStyle = string


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Font オブジェクトを指定します。
  • string  ・・・  設定できる値は、”標準”、”太字”、”斜体”、”太字 斜体”のいずれかです。

この設定を変更すると、Bold プロパティItalic プロパティの値も変更されます。



フォント(太字・斜体)の設定 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

太字・斜体(Bold,Italic,FontStyle)例


 - VBA基本 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

データ型変換関数

データ型変換関数の使い方 【書式】 function ( expression …

取り消し線を設定する(Strikethrough プロパティ)

取り消し線を設定する(Strikethrough プロパティ) Striketh …

日付時刻:時・分・秒を取得(Hour、Minute、Second 関数)

日付時刻から時・分・秒を取得する関数 【書式】 time_hour = Hour …

ADO Stream オブジェクト テキスト(UTF-8)読み込み
テキストファイル(UTF-8)を読み込み、書き出し(ADODB.Stream)

Stream オブジェクト ADO(ActiveX Database Objec …

no image
xlFileFormat 列挙型

xlFileFormat 列挙型 Workbook.SaveAs メソッド の引 …

対象のオブジェクトをクリアする(Clear メソッド)

Clear メソッド 対象となるオブジェクト全体をクリアします。Range オブ …

カレントフォルダの取得・設定(DefaultFilePath プロパティ)

DefaultFilePath プロパティ カレントフォルダとは、ブックを開いた …

インプットボックスを表示する(InputBox関数・InputBoxメソッド)

「InputBox関数」と「InputBoxメソッド」の違い 「InputBox …

データ型を調べて、そのデータ型を示す数値を返す(VarType 関数)

VarType 関数 の使い方 VarType 関数は、引数に、データ型を調べた …

オブジェクトの書式をクリアする(ClearFormats メソッド)

ClearFormats メソッド 対象となるオブジェクトの書式(スタイル)を初 …