ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

VBA の演算子(算術演算子)

   

算術演算子

算術演算を行うときに使用する演算子です。
^(べき乗)、*(積)、/(商)、\(商)、+(和)、-(差)、Mod(剰余)


^ 演算子

数値のべき乗を求めます

【書式】

result = number ^ exponent


項目の説明

  • number  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • exponent  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • result  ・・・  任意の数値変数を指定します。

1 つの式の中で複数の指数演算が行われるときは、^ 演算子は左から右の順に評価されます。

number または exponent のいずれかが Null 値に評価される式のときは、演算結果 resultNull 値となります。

* 演算子

数値の積を求めます

【書式】

result = number1 * number2


項目の説明

  • number1,number2  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • result  ・・・  任意の数値変数を指定します

一方または両方の式が Null 値のとき、resultNull 値になります。

Empty 値を持つ式は、0 として扱われます。


/ 演算子

2つの数値の商を求めます

【書式】

result = number1 / number2


項目の説明

  • number1  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • number2  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • result  ・・・  任意の数値変数を指定します。

演算結果( result )のデータ型は、通常は倍精度浮動小数点数型( Double )または内部処理形式が倍精度浮動小数点数型のバリアント型( Variant )となります。

number1 または number2 のいずれか、またはその両方が、Null 値に評価される式のときは、演算結果 resultNull 値となります。

Empty 値 を持つ式は、0 として扱われます。


\ 演算子

2つの数値の商を求めます(結果は整数)

【書式】

result = number1 \ number2


項目の説明

  • number1  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • number2  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • result  ・・・  任意の数値変数を指定します。

演算結果( result )は、整数となります(小数部分は切り捨て)。

number1 または number2 のいずれか、またはその両方が、Null 値に評価される式のときは、演算結果 resultNull 値となります。

Empty 値 を持つ式は、0 として扱われます。


+ 演算子

2つの数値の和を求めます

【書式】

result = expression1 + expression2


項目の説明

  • expression1  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • expression2  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • result  ・・・  任意の数値変数を指定します。

expression1 または expression2 のいずれか、またはその両方が、Null 値に評価される式のときは、演算結果 resultNull 値となります。

両方の式が Empty 値 を持つ場合、result は整数型となります。一方の式のみが Empty 値 の場合、他方の式がそのまま result となります。

expression1expression2 の両方が、文字列型( String )、または、一方が文字列型で他方がバリアント型( Variant )、また両方がバリアント型で両方の内部処理形式が文字列型の場合に行われる演算方法は、「文字連結」となります。


– 演算子

数値のべき乗を求めます

【書式】

result = number1 number2


項目の説明

  • number1  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • number2  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • result  ・・・  任意の数値変数を指定します。

number1 または number2 のいずれか、またはその両方が、Null 値に評価される式のときは、演算結果 resultNull 値となります。

Empty 値 を持つ式は、0 として扱われます。




Mod 演算子

2 つの数値の除算を行い、その剰余を返します

【書式】

result = number1 Mod number2


項目の説明

  • number1  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • number2  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • result  ・・・  任意の数値変数を指定します。

result は、number1number2 で除算した時の余りとなります。

number1 または number2 のいずれか、またはその両方が、Null 値に評価される式のときは、演算結果 resultNull 値となります。

Empty 値 を持つ式は、0 として扱われます。

数式( number1number2 )の中の浮動小数点数は整数に丸められます。
  (例)result = 10 mod 3.5
result は、「2」になります。




 - VBA基本 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

書式を変換(Format 関数)

Format 関数の使い方 【書式】 result = Format ( exp …

乱数(Rnd 関数)例1
乱数を生成する(Rnd 関数)

Rnd 関数の使い方 Rnd 関数は、0 以上、1 未満の範囲の乱数を単精度浮動 …

Spc 関数 01
指定した数のスペースを挿入する(Spc 関数)

指定した数のスペースを挿入 指定した数のスペースを挿入するには、Spc 関数を使 …

文字列:文字列の指定した位置から指定文字数取得(Mid 関数,MidB 関数)

Mid 関数・MidB 関数 の使い方 【書式】 result_mid = Mi …

文字列:文字列の長さを取得( Len 関数、LenB 関数 )

Len 関数(文字列の長さを取得) 【書式】 result_len = Len …

変数が数値型かどうかをチェックする( IsNumeric 関数 )

IsNumeric 関数の使い方 【書式】 result = IsNumeric …

日付時刻:時・分・秒を取得(Hour、Minute、Second 関数)

日付時刻から時・分・秒を取得する関数 【書式】 time_hour = Hour …

ある数値が、複数の範囲のどの範囲に含まれるかを示す文字列を返す(Partition 関数)

Partition 関数 の使い方 Partition 関数は、ある数値が、区切 …

Const ステートメント
ユーザー定義定数(Const ステートメント)

定数を使う ユーザー定義の定数を使用するには、Const ステートメントを使って …

カレントフォルダの変更・確認
カレントフォルダ(CurDir 関数、ChDir ステートメント、ChDrive ステートメント)

カレントフォルダ カレントフォルダとは、ブックを開いたり保存するときに既定で参照 …