ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

日付時刻:文字列から日付・時刻データを取得( DateValue 関数、TimeValue 関数 )

   

DateValue 関数(文字列から日付データを取得)


【書式】

date_value = DateValue ( date )


引数・戻り値

  • date  ・・・  日付を表す文字列を指定します(※ 数値のみを指定するとエラーになります)。
    (指定例)”2011/12/30″、”12/1/30″、”平成25年10月12日”、”H3-12-30″、”2015年1月”
  • date_value  ・・・  引数 date に指定した文字列に対応するバリアント型(内部処理形式 Date)の値。


TimeValue 関数(文字列から時刻データを取得)


【書式】

time_value = TimeValue ( time )


引数・戻り値

  • time  ・・・  時刻を示す文字列を指定します。
    (指定例)”11:30″、”3時56分15秒”、”平成25年10月12日 12時10分”、”午後2時11分”、”2015/3/4 1:30:26 PM”
    (※ 日付も指定することも可能ですが戻り値には含まれません)
  • time_value  ・・・  引数 time に指定した文字列に対応するバリアント型(内部処理形式 Date)の値。


DateValue 関数、TimeValue 関数 の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

DateValue 関数・TimeValue 関数 使用例




 - VBA基本 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

日付時刻:時・分・秒を取得(Hour、Minute、Second 関数)

日付時刻から時・分・秒を取得する関数 【書式】 time_hour = Hour …

no image
xlFileFormat 列挙型

xlFileFormat 列挙型 Workbook.SaveAs メソッド の引 …

文字列:文字を指定数並べた文字列を返す(String 関数)

String 関数 【書式】 result = String ( number, …

カレントフォルダの変更・確認
カレントフォルダ(CurDir 関数、ChDir ステートメント、ChDrive ステートメント)

カレントフォルダ カレントフォルダとは、ブックを開いたり保存するときに既定で参照 …

Choose 関数 例01
指定した数値に対応する選択肢の値・数式を返す(Choose 関数)

Choose 関数 の使い方 Choose 関数は、指定されたインデックス値(1 …

引数が省略されたかどうかをチェックする( IsMissing 関数 )

IsMissing 関数の使い方 【書式】 result = IsMissing …

四捨五入・切り上げ・切り捨て・丸め(Round 関数 他)

Round 関数(丸め)の使い方 【書式】 value = Round ( ex …

式の値に応じて多分岐を行う(Switch 関数)

Switch 関数 の使い方 Switch 関数は、「式・値」を対にして指定して …

Erase ステートメント(配列の初期化・動的配列のメモリ解放)

Erase ステートメントの使い方 【書式】 Erase myArray [, …

Dictionary オブジェクト 使用例1
連想配列(Dictionary オブジェクト)

連想配列 連想配列とは、添字(キー)に文字列を使用することができる配列です。 V …