ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

データ型変換関数

      2015/04/08

データ型変換関数の使い方


【書式】

function ( expression )


【項目の説明】

  • function  ・・・  CBool,CByte,CCur,CDate,CDbl,CDec,CInt,CLng,CLngLng,CLngPtr,CSng,CVar,CStr の各関数(詳細は下表を参照)
  • expression  ・・・  任意の文字列式または数式を指定します。この引数は必ず指定します。

関数に渡された引数 expression の値が変換されるデータ型の範囲を超えている場合、エラーが発生します。


データ型変換関数の引数・戻り値

関数
(function)
戻り値
のデータ型
引数(expression)/ 内容
CBool ブール型
(Boolean)
【引数が数値の場合】
0 ⇒ False を返す / 0 以外 ⇒ True を返す
【引数が文字列の場合】
False ⇒ False を返す / True ⇒ True を返す / その他 ⇒ エラー発生
CByte バイト型(Byte) 0 ~ 255
上記数値以外はエラーとなります(小数点以下は切り捨て・数値を表す文字列は上記範囲以内であればOK)
CDbl 倍精度浮動小数点数型
(Double)
-1.79769313486231E308 ~ -4.94065645841247E-324(負の値)
4.94065645841247E-324 ~ 1.79769313486232E308(正の値)
CCur 通貨型
(Currency)
-922,337,203,685,477.5808 ~ 922,337,203,685,477.5807
上記数値以外はエラーとなります(数値を表す文字列はOK)
CDate 日付型
(Date)
任意の有効な日付式
日付を表す文字列・数値(曜日を表す文字列を含む日付形式はエラーとなります)
CSng 単精度浮動小数点数型
(Single)
-3.402823E38 ~ -1.401298E-45(負の値)
1.401298E-45 ~ 3.402823E38(正の値)
単精度浮動小数点数型で表現しきれない値の場合は丸め込み処理等が行われるため精度は低くなります
CDec 10進型
(Decimal)
小数点以下が 0 桁(小数部分を持たない数値)の場合、-79,228,162,514,264,337,593,543,950,335 ~ 79,228,162,514,264,337,593,543,950,335
小数点以下 28 桁の数値の場合、-7.9228162514264337593543950335 ~ 7.9228162514264337593543950335
絶対値の最小値は 0 を除いた場合、0.0000000000000000000000000001
変数を 10 進型 (Decimal) として定義することはできません。ここで(Dcec 関数)の戻り値である 10進型(Decimal)は、内部処理形式が Decimal のバリアント型 (Variant) となります
CInt 整数型
(Integer)
-32,768 ~ 32,767(小数部分は丸められます)
上記数値以外はエラーとなります(数値を表す文字列はOK)
CLng 長整数型
(Long)
-2,147,483,648 ~ 2,147,483,647(小数部分は丸められます)
上記数値以外はエラーとなります(数値を表す文字列はOK)
CLngLng LongLong -9,223,372,036,854,775,808 ~ 9,223,372,036,854,775,807
小数部分は丸められます
64 ビットプラットフォーム上でのみ有効
CLngPtr LongPtr LongPtr は、32 ビットシステム環境では Long 型、64 ビットシステム環境では LongLong 型に変換され、システムの双方で小数部分は丸められます
LongPtr 型 を使用すると、32 ビットと 64 ビットの両環境で実行できる移植可能なコードを記述できます
CVar バリアント型
(Variant)
数値の場合は倍精度浮動小数点数型の範囲と同じ
数値以外の場合は、文字列型の範囲と同じ
バリアント型 (Variant) の変数に格納されている値がどのように扱われるかは、VarType 関数で調べることができます
CStr 文字列型
(String)
引数により戻り値は異なります
ブール型(Boolean)… 真 (True) または偽 (False) を表す文字列
日付型(Date)… 国別情報で設定されている短い日付を表す文字列
Null 値 … 実行時エラーが発生します
Empty 値 … 長さ 0 の文字列 (“”)
エラー値 … “エラー値” という文字列とエラー番号
その他の数値 … 数値を表す文字列

丸め:基本は、小数点以下第1位を四捨五入します。ただし整数部分が偶数で小数部分がちょうど 0.5 の場合は、小数部分は切り捨てとなります。( 例:12.5 ⇒ 12 )



データ型変換関数の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

データ型変換関数 例




 - VBA基本 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

日付時刻:文字列から日付・時刻データを取得( DateValue 関数、TimeValue 関数 )

DateValue 関数(文字列から日付データを取得) 【書式】 date_va …

乱数(Rnd 関数)例1
乱数を生成する(Rnd 関数)

Rnd 関数の使い方 Rnd 関数は、0 以上、1 未満の範囲の乱数を単精度浮動 …

指定した文字列を数値に変換する(Val 関数)

Val 関数 の使い方 Val 関数は、指定した文字列に含まれる数字を数値として …

取り消し線を設定する(Strikethrough プロパティ)

取り消し線を設定する(Strikethrough プロパティ) Striketh …

日付時刻:年・月・日を取得(Year、Month、Day 関数)

日付から年・月・日を取得する関数 【書式】 date_year = Year ( …

引数が省略されたかどうかをチェックする( IsMissing 関数 )

IsMissing 関数の使い方 【書式】 result = IsMissing …

Math 関数( Abs,Atn,Cos,Exp,Log,Rnd,Sgn,Sin,Sqr,Tan )

Abs 関数 【書式】 value = Abs ( number ) 【引数・戻 …

色の設定(ColorIndex プロパティ・Colors プロパティ)

ColorIndex プロパティ ColorIndex プロパティは、指定したオ …

日付時刻:日付・時刻の間隔を取得( DateDiff 関数 )

DateDiff 関数の使い方 【書式】 result = DateDiff ( …

フォント名(Name,ThemeFont,StandardFont) 例
フォント名(Name,ThemeFont,StandardFont)

フォント名を取得・設定する(Name プロパティ) Name プロパティは、オブ …