ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

VBA の演算子(比較演算子)

   

比較演算子

比較演算子による演算の結果は「真」の場合は「True」、「偽」の場合は「False」を返します。
を比較するには、「 <<=>>==<> 」の 6 種類の演算子を使用します。
オブジェクト を比較するには、「Is 演算子」を使用します。
文字列 を比較するには、「Like 演算子<>= 」の3種類の演算子を使用します。


比較演算子の使い方(値の比較)

【書式】

result = expression1 < expression2

result = expression1 <= expression2

result = expression1 > expression2

result = expression1 >= expression2

result = expression1 = expression2

result = expression1 <> expression2


項目の説明

  • expression  ・・・  任意の数値・数式を指定します
  • result  ・・・  任意の数値変数を指定します。

expression1expression2 のいずれかが Null 値に評価される式のときは、演算結果 resultNull 値となります。

比較演算子の使い方(Is 演算子)

【書式】

result = object1 Is object2


項目の説明

  • object1,object2  ・・・  任意のオブジェクトへの参照を指定します
  • result  ・・・  任意の数値変数を指定します

object1object2 に指定した変数が、同じオブジェクトを参照している場合、result真(True)になります。異なるオブジェクトを参照している場合、result偽(False)になります。

一方または両方の式が Null 値のとき、resultNull 値になります。

Range オブジェクトの比較には機能しません。


比較演算子の使い方(文字列の比較)

【書式】

result = string1 = string2

result = string1 <> string2

result = string Like pattern


項目の説明

  • string,string1,string2  ・・・  任意の文字列
  • pattern  ・・・  任意の文字列(ワイルドカードを含む)を指定します。
  • result  ・・・  任意の数値変数を指定します。

Empty 値 を持つ式は、長さ0の文字列(””) として扱われます。

使用できるワイルドカード一覧

演算子 意味
* 任意の文字列
? 任意の1文字
# 任意の1文字(数値:0-9)
[charlist] charlist 中の1文字
[!charlist] charlist 中の文字以外の1文字
[a-z] 範囲指定(アルファベット a から z までの一文字)



VBA 比較演算子の使用例

サンプルVBAソース




 - VBA基本 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

配列(宣言・要素数の変更について)

配列の宣言 【書式】※ 配列の宣言 <Type 型の静的配列(固定長配列)の宣言 …

ユーザー設定リスト
ユーザー設定リストを使って並べ替える(Sort)

VBAでリスト、テーブルを並べ替える(Sort) VBAで、ソートを行うには、S …

画面の更新を停止(ScreenUpdating プロパティ)

画面の更新を停止 マクロを実行すると、画面が更新されます。これにより、実行速度が …

Spc 関数 01
指定した数のスペースを挿入する(Spc 関数)

指定した数のスペースを挿入 指定した数のスペースを挿入するには、Spc 関数を使 …

四捨五入・切り上げ・切り捨て・丸め(Round 関数 他)

Round 関数(丸め)の使い方 【書式】 value = Round ( ex …

乱数(Rnd 関数)例1
乱数を生成する(Rnd 関数)

Rnd 関数の使い方 Rnd 関数は、0 以上、1 未満の範囲の乱数を単精度浮動 …

引数が省略されたかどうかをチェックする( IsMissing 関数 )

IsMissing 関数の使い方 【書式】 result = IsMissing …

文字列:文字列の指定した位置から指定文字数取得(Mid 関数,MidB 関数)

Mid 関数・MidB 関数 の使い方 【書式】 result_mid = Mi …

ClearContents メソッド 例01
データをクリアする(ClearContents メソッド)

ClearContents メソッド 対象がセル範囲(Range オブジェクト) …

引数の整数部分を取得する(Fix 関数・Int 関数)

Fix 関数・Int 関数の使い方 【書式】 number_fix = Fix …