ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

配列の要素数を取得する(UBound 関数・LBound 関数)

   

UBound 関数・LBound 関数


【書式】

result = UBound ( array_name [, dimension ] )

result = LBound ( array_name [, dimension ] )


【引数・戻り値】

  • array_name  ・・・  添字の最大値(最小値)を調べる対象となる配列の変数名
  • dimension  ・・・  添字の最大値(最小値)を調べる対象となる配列の次元を示す整数を指定します。最初の次元なら 1、2 番目の次元なら 2、というように指定します(省略可 ⇒ 1 が指定されたものと見なされます)。
  • result(UBound)  ・・・  配列の指定された次元での添字(インデックス番号)の最大値を、長整数型 (Long) の値で返します。
  • result(LBound)  ・・・  配列の指定された次元での添字(インデックス番号)の最小値を、長整数型 (Long) の値で返します。


UBound 関数・LBound 関数の使用例

VBAソース(例1)


実行結果

UBound LBound 関数 使用例01


VBAソース(例2)


実行結果

UBound LBound 使用例02




 - VBA基本 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

Choose 関数 例01
指定した数値に対応する選択肢の値・数式を返す(Choose 関数)

Choose 関数 の使い方 Choose 関数は、指定されたインデックス値(1 …

式の値に応じて多分岐を行う(Switch 関数)

Switch 関数 の使い方 Switch 関数は、「式・値」を対にして指定して …

取り消し線を設定する(Strikethrough プロパティ)

取り消し線を設定する(Strikethrough プロパティ) Striketh …

式を評価し、結果(真・偽)に応じた式・値を返す(IIf 関数)

IIf 関数 の使い方 IIf(アイイフ)関数は、式を評価してその結果(真・偽) …

指定した文字列を数値に変換する(Val 関数)

Val 関数 の使い方 Val 関数は、指定した文字列に含まれる数字を数値として …

日付時刻:日付・時刻の間隔を取得( DateDiff 関数 )

DateDiff 関数の使い方 【書式】 result = DateDiff ( …

Timer 関数 使用例
日付時刻:経過時間を取得( Timer 関数 )

Timer 関数の使い方 【書式】 result = Timer () 【戻り値 …

変数が数値型かどうかをチェックする( IsNumeric 関数 )

IsNumeric 関数の使い方 【書式】 result = IsNumeric …

カレントフォルダの変更・確認
カレントフォルダ(CurDir 関数、ChDir ステートメント、ChDrive ステートメント)

カレントフォルダ カレントフォルダとは、ブックを開いたり保存するときに既定で参照 …

引数が省略されたかどうかをチェックする( IsMissing 関数 )

IsMissing 関数の使い方 【書式】 result = IsMissing …