ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

指定した文字列を数値に変換する(Val 関数)

   

Val 関数 の使い方


Val 関数は、指定した文字列に含まれる数字を数値として認識し、その値を適切なデータ型に変換してかえす関数です。

【書式】

result = Val ( expression )


引数・戻り値

  • expression  ・・・  任意の文字列・文字列式を指定します。
  • result  ・・・  引数 expression に含まれる数値を適切なデータ型に変換した値。

文字列中の数字以外の文字を見つけると Val 関数は読み込みを中止します。ただし、スペース、タブ、ラインフィード、キャリッジリターン等は無視されます。
例1:Val(“12 345”) ⇒ 12345([スペース]は無視)
例2:Val(“99\123”) ⇒ 99([\]以降は読み込み中止)

8 進数を表す &O や 16 進数を表す &H は、数値として認識します。
例:Val(“&H10”) ⇒ 16, Val(“&O10”) ⇒ 8

ピリオド (.) は、小数点の記号として認識します。
例:Val(“123.55”) ⇒ 123.55

引数 expression が、Null 値の場合は、エラーになります。

引数 expression が、Empty 値の場合は、0 を返します。



Val 関数 の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Val 関数 例




 - VBA基本 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

取り消し線を設定する(Strikethrough プロパティ)

取り消し線を設定する(Strikethrough プロパティ) Striketh …

IsArray 関数 例
変数が配列かどうかをチェックする( IsArray 関数 )

IsArray 関数の使い方 【書式】 result = IsArray( va …

エラー(CVErr 関数・IsError 関数・Error 関数)

CVErr 関数(エラー番号をエラー値に変換する)の使い方 【書式】 retur …

no image
XlThemeColor 列挙型

XlThemeColor 列挙 定数 値 内容 xlThemeColorDark …

色の設定(ColorIndex プロパティ・Colors プロパティ)

ColorIndex プロパティ ColorIndex プロパティは、指定したオ …

文字列:文字列を検索してその最初の文字位置を返す(InStr 関数,InStrB 関数)

InStr 関数・InStrB 関数の使い方 【書式】 result = { I …

変数が日付型かどうかをチェックする( IsDate 関数 )

IsDate 関数の使い方 【書式】 result = IsDate( expr …

Choose 関数 例01
指定した数値に対応する選択肢の値・数式を返す(Choose 関数)

Choose 関数 の使い方 Choose 関数は、指定されたインデックス値(1 …

ユーザー設定リスト
ユーザー設定リストを使って並べ替える(Sort)

VBAでリスト、テーブルを並べ替える(Sort) VBAで、ソートを行うには、S …

Erase ステートメント(配列の初期化・動的配列のメモリ解放)

Erase ステートメントの使い方 【書式】 Erase myArray [, …