ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

指定した数値に対応する選択肢の値・数式を返す(Choose 関数)

   

Choose 関数 の使い方


Choose 関数は、指定されたインデックス値(1から利用可能な選択肢の数)に対応した値または数式を返します。

【書式】

result = Choose ( index, choice-1 [, choice-2, … , choice-n ] )


引数・戻り値

  • index  ・・・  採用するインデックス値(1から利用可能な選択肢の数までの範囲内の値)を指定します。
  • choice-1, choice-2, … , choice-n  ・・・  各選択肢には、式・値を指定します。
  • result  ・・・  引数 index が、i の場合、引数 choice-i の値(式)となります。


Choose 関数は、選択肢が1つだけ返されますが、評価はすべての選択肢に対して行われます。このため、評価すると 0 による除算エラーが発生する式が1つでも含まれている場合は、エラーとなります。

引数 index が、1未満の場合や、リストに含まれる選択肢の数を超える場合は、Choose 関数戻り値は Null 値になります。

引数 index が整数でない場合は、最も近い整数に丸められてから評価されます。



Choose 関数 の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Kuji = 1 ⇒「大吉」が表示される

Choose 関数 例01


実行結果

Kuji = 8 ⇒ 選択肢にないので、Choose 関数の戻り値は Null 値となる

Choose 関数 例02




 - VBA基本 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

日付時刻:文字列から日付・時刻データを取得( DateValue 関数、TimeValue 関数 )

DateValue 関数(文字列から日付データを取得) 【書式】 date_va …

ある数値が、複数の範囲のどの範囲に含まれるかを示す文字列を返す(Partition 関数)

Partition 関数 の使い方 Partition 関数は、ある数値が、区切 …

文字列:文字列の長さを取得( Len 関数、LenB 関数 )

Len 関数(文字列の長さを取得) 【書式】 result_len = Len …

VBAの変数宣言

VBAの変数宣言について 変数を暗黙的に宣言する エクセル VBA の場合、明示 …

変数がEmpty 値かどうかをチェックする( IsEmpty 関数 )

IsEmpty 関数の使い方 【書式】 result = IsEmpty ( e …

文字列:文字列右から指定文字数取得(Right 関数,RightB 関数)

Right 関数・RightB 関数 の使い方 【書式】 result_righ …

日付時刻:日付・時刻の間隔を取得( DateDiff 関数 )

DateDiff 関数の使い方 【書式】 result = DateDiff ( …

IsArray 関数 例
変数が配列かどうかをチェックする( IsArray 関数 )

IsArray 関数の使い方 【書式】 result = IsArray( va …

Randomize 関数 例1
乱数ジェネレータを初期化 (乱数系列を再設定) する(Randomize ステートメント)

Randomize ステートメントの使い方 Rnd 関数 を使用する前に使用しま …

DoEvents 関数 UserForm の設定
CPU に制御を移す(DoEvents 関数)

DoEvents 関数 DoEvents 関数を実行すると、CPU に制御を移し …