ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

指定した数値に対応する選択肢の値・数式を返す(Choose 関数)

   

Choose 関数 の使い方


Choose 関数は、指定されたインデックス値(1から利用可能な選択肢の数)に対応した値または数式を返します。

【書式】

result = Choose ( index, choice-1 [, choice-2, … , choice-n ] )


引数・戻り値

  • index  ・・・  採用するインデックス値(1から利用可能な選択肢の数までの範囲内の値)を指定します。
  • choice-1, choice-2, … , choice-n  ・・・  各選択肢には、式・値を指定します。
  • result  ・・・  引数 index が、i の場合、引数 choice-i の値(式)となります。


Choose 関数は、選択肢が1つだけ返されますが、評価はすべての選択肢に対して行われます。このため、評価すると 0 による除算エラーが発生する式が1つでも含まれている場合は、エラーとなります。

引数 index が、1未満の場合や、リストに含まれる選択肢の数を超える場合は、Choose 関数戻り値は Null 値になります。

引数 index が整数でない場合は、最も近い整数に丸められてから評価されます。



Choose 関数 の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Kuji = 1 ⇒「大吉」が表示される

Choose 関数 例01


実行結果

Kuji = 8 ⇒ 選択肢にないので、Choose 関数の戻り値は Null 値となる

Choose 関数 例02




 - VBA基本 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

式の値に応じて多分岐を行う(Switch 関数)

Switch 関数 の使い方 Switch 関数は、「式・値」を対にして指定して …

画面の更新を停止(ScreenUpdating プロパティ)

画面の更新を停止 マクロを実行すると、画面が更新されます。これにより、実行速度が …

VBA の演算子(論理演算子:And、Eqv、Imp、Not、Or、Xor)

論理演算子 論理演算を行うときに使用する演算子で、以下の 6 種類があります。 …

文字列:文字列の空白を削除(Trim 関数, LTrim関数, RTrim関数)

Trim 関数・LTrim 関数・RTrim 関数の使い方 【書式】 <先頭と末 …

文字列:文字列を検索してその最初の文字位置を返す(InStr 関数,InStrB 関数)

InStr 関数・InStrB 関数の使い方 【書式】 result = { I …

インプットボックスを表示する(InputBox関数・InputBoxメソッド)

「InputBox関数」と「InputBoxメソッド」の違い 「InputBox …

変数がオブジェクト型かどうかをチェックする( IsObject 関数 )

IsObject 関数の使い方 【書式】 result = IsObject ( …

フォント名(Name,ThemeFont,StandardFont) 例
フォント名(Name,ThemeFont,StandardFont)

フォント名を取得・設定する(Name プロパティ) Name プロパティは、オブ …

メッセージボックス使用例
メッセージボックスを表示(MsgBox関数)

MsgBox関数 【書式】 result = MsgBox ( Prompt [ …

no image
XlThemeColor 列挙型

XlThemeColor 列挙 定数 値 内容 xlThemeColorDark …