ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

指定した数値に対応する選択肢の値・数式を返す(Choose 関数)

   

Choose 関数 の使い方


Choose 関数は、指定されたインデックス値(1から利用可能な選択肢の数)に対応した値または数式を返します。

【書式】

result = Choose ( index, choice-1 [, choice-2, … , choice-n ] )


引数・戻り値

  • index  ・・・  採用するインデックス値(1から利用可能な選択肢の数までの範囲内の値)を指定します。
  • choice-1, choice-2, … , choice-n  ・・・  各選択肢には、式・値を指定します。
  • result  ・・・  引数 index が、i の場合、引数 choice-i の値(式)となります。


Choose 関数は、選択肢が1つだけ返されますが、評価はすべての選択肢に対して行われます。このため、評価すると 0 による除算エラーが発生する式が1つでも含まれている場合は、エラーとなります。

引数 index が、1未満の場合や、リストに含まれる選択肢の数を超える場合は、Choose 関数戻り値は Null 値になります。

引数 index が整数でない場合は、最も近い整数に丸められてから評価されます。



Choose 関数 の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Kuji = 1 ⇒「大吉」が表示される

Choose 関数 例01


実行結果

Kuji = 8 ⇒ 選択肢にないので、Choose 関数の戻り値は Null 値となる

Choose 関数 例02




 - VBA基本 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

取り消し線を設定する(Strikethrough プロパティ)

取り消し線を設定する(Strikethrough プロパティ) Striketh …

Join 関数
Join 関数(配列の要素を結合)

Join 関数 1次元配列の各要素を指定した区切り文字で連結します。 【書式】 …

日付時刻:日付時刻データを計算( DateAdd 関数 )

DateAdd 関数(日付・時刻の値を加算・減算結果を取得) 【書式】 resu …

色の設定(ColorIndex プロパティ・Colors プロパティ)

ColorIndex プロパティ ColorIndex プロパティは、指定したオ …

ユーザー設定リスト
ユーザー設定リストを使って並べ替える(Sort)

VBAでリスト、テーブルを並べ替える(Sort) VBAで、ソートを行うには、S …

変数が日付型かどうかをチェックする( IsDate 関数 )

IsDate 関数の使い方 【書式】 result = IsDate( expr …

VBAの変数宣言

VBAの変数宣言について 変数を暗黙的に宣言する エクセル VBA の場合、明示 …

画面の更新を停止(ScreenUpdating プロパティ)

画面の更新を停止 マクロを実行すると、画面が更新されます。これにより、実行速度が …

日付時刻:文字列から日付・時刻データを取得( DateValue 関数、TimeValue 関数 )

DateValue 関数(文字列から日付データを取得) 【書式】 date_va …

no image
xlFileFormat 列挙型

xlFileFormat 列挙型 Workbook.SaveAs メソッド の引 …