ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

指定した数値に対応する選択肢の値・数式を返す(Choose 関数)

   

Choose 関数 の使い方


Choose 関数は、指定されたインデックス値(1から利用可能な選択肢の数)に対応した値または数式を返します。

【書式】

result = Choose ( index, choice-1 [, choice-2, … , choice-n ] )


引数・戻り値

  • index  ・・・  採用するインデックス値(1から利用可能な選択肢の数までの範囲内の値)を指定します。
  • choice-1, choice-2, … , choice-n  ・・・  各選択肢には、式・値を指定します。
  • result  ・・・  引数 index が、i の場合、引数 choice-i の値(式)となります。


Choose 関数は、選択肢が1つだけ返されますが、評価はすべての選択肢に対して行われます。このため、評価すると 0 による除算エラーが発生する式が1つでも含まれている場合は、エラーとなります。

引数 index が、1未満の場合や、リストに含まれる選択肢の数を超える場合は、Choose 関数戻り値は Null 値になります。

引数 index が整数でない場合は、最も近い整数に丸められてから評価されます。



Choose 関数 の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Kuji = 1 ⇒「大吉」が表示される

Choose 関数 例01


実行結果

Kuji = 8 ⇒ 選択肢にないので、Choose 関数の戻り値は Null 値となる

Choose 関数 例02




 - VBA基本 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

メッセージボックス使用例
メッセージボックスを表示(MsgBox関数)

MsgBox関数 【書式】 result = MsgBox ( Prompt [ …

Const ステートメント
ユーザー定義定数(Const ステートメント)

定数を使う ユーザー定義の定数を使用するには、Const ステートメントを使って …

エラー(CVErr 関数・IsError 関数・Error 関数)

CVErr 関数(エラー番号をエラー値に変換する)の使い方 【書式】 retur …

ユーザー設定リスト
ユーザー設定リストを使って並べ替える(Sort)

VBAでリスト、テーブルを並べ替える(Sort) VBAで、ソートを行うには、S …

Volatile メソッド
ユーザー定義関数:自動再計算関数の設定(Volatile メソッド)

ユーザー定義関数で、自動再計算を行うかどうかを設定する ワークシート上で使用する …

文字列:文字列右から指定文字数取得(Right 関数,RightB 関数)

Right 関数・RightB 関数 の使い方 【書式】 result_righ …

ADO Stream オブジェクト テキスト(UTF-8)読み込み
テキストファイル(UTF-8)を読み込み、書き出し(ADODB.Stream)

Stream オブジェクト ADO(ActiveX Database Objec …

色の設定(ColorIndex プロパティ・Colors プロパティ)

ColorIndex プロパティ ColorIndex プロパティは、指定したオ …

指定した値を8進数で表記した文字列に変換する(Oct 関数)

Oct 関数 の使い方 【書式】 result = Oct ( expressi …

日付時刻:文字列から日付・時刻データを取得( DateValue 関数、TimeValue 関数 )

DateValue 関数(文字列から日付データを取得) 【書式】 date_va …