ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

セルを削除する(Delete メソッド)

      2015/08/26

Delete メソッド

Delete メソッドで、指定したセル・セル範囲を削除します。


【書式】

Object.Delete ( shift )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となるRange オブジェクト
  • shift  ・・・  削除後のシフト方向を表す定数(下表参照)を指定します。省略すると、セル範囲の形状に適応した方向にシフトされます。


引数 shift に指定する値(シフト方向を表す定数:XlDeleteShiftDirection 列挙)

定数 内容
xlShiftToLeft -4159 左方向
xlShiftUp -4162 上方向
省略 セル範囲の形に応じてシフト方向が自動的に決定





Delete メソッドの使用例

サンプルVBAソース


実行結果

サンプルVBA実行前

Delete メソッド 例1

サンプルVBA実行後

Delete メソッド 例2




 - セルの操作 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

セル・セル範囲を切り取る(Cut メソッド)

Cut メソッド Cut メソッドは、指定したセル範囲を切り取り、引数に指定した …

セル・セル範囲に名前を定義・削除(Name プロパティ・Names コレクション)

セル・セル範囲に名前を定義(Name プロパティ) Range オブジェクトのN …

セル内部を参照(Interior プロパティ)

Interior プロパティ Interior プロパティで、セルの内部を参照し …

Validation プロパティ 使用例3
入力規則(入力時メッセージの設定)Validation オブジェクト

入力規則の入力時メッセージを表示する Validation.ShowInput …

入力規則(エラーメッセージの設定)Validation オブジェクト

無効値を入力時に、エラーメッセージの表示 Validation.ShowErro …

AutoFilter オブジェクト(メソッド・プロパティ)

AutoFilter.ShowAllData メソッド AutoFilter.S …

現在選択されているセルを参照(RangeSelection プロパティ)

RangeSelection プロパティ 実際に何が選択されているかにかかわらず …

非連続のセルが選択されているか確認する(Areas コレクション)

Areas コレクション の使い方 複数の離れた位置にあるセル範囲を選択した場合 …

RemoveDuplicates メソッド 使用例1a
重複するデータを削除(RemoveDuplicates メソッド)

RemoveDuplicates メソッド 指定したセル範囲から重複データを含む …

オートフィルタの状況を確認(AutoFilterMode, FilterMode)

AutoFilterMode プロパティ AutoFilterMode プロパテ …