ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

ハイパーリンク(Hyperlinks オブジェクト)

      2015/09/21

Hyperlinks オブジェクト

ワークシートまたはセル範囲のワークシートコレクションを表します。ハイパーリンクを挿入するには、Hyperlinks.Add メソッド を使用します。


【書式】

object.Hyperlinks


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Worksheet オブジェクト または、Range オブジェクトを指定します。


Hyperlinks オブジェクト のメソッド

Hyperlinks.Add メソッド


【書式】

object.Hyperlinks.Add ( anchor, address [, subaddress, screentip, texttodisplay ] )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Worksheet オブジェクト または、Range オブジェクトを指定します。
  • anchor  ・・・  対象となる Range オブジェクト または、Shape オブジェクト を指定します。省略不可です。
  • address  ・・・  ハイパーリンクのアドレスを指定します。この引数は、省略不可です。任意のセルに対してハイパーリンクを設定する場合は、空文字(“”) を指定します( address:=”” )。
  • subaddress  ・・・  任意のセルにジャンプする場合に指定します(省略可)。
     (例)「Sheet2」の「A3」セルへのリンクを指定する場合
      subaddress := “Sheet2!A3”
     (例)「Book1.xlsx」の「Sheet1」の「B5」セルへのリンクを指定する場合
      subaddress := “[Book1.xlsx]Sheet1!B5”
  • screentip  ・・・  ハイパーリンク上をマウスポインターで指した場合に表示されるヒントを指定します。(省略可)。
  • texttodisplay  ・・・  ハイパーリンクに表示する文字列を指定します(省略可)。
  • 新しいハイパーリンクを表す Hyperlink オブジェクト を返します。

Hyperlinks.Delete メソッド


【書式】

object.Hyperlinks.Delete


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Worksheet オブジェクト または、Range オブジェクトを指定します。
  • 対象となるワークシート上またはセル範囲内の Hyperlink オブジェクト をすべて削除します。


Hyperlinks オブジェクト のプロパティ

Hyperlinks.Count プロパティ


【書式】

object.Hyperlinks.Count


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Worksheet オブジェクト または、Range オブジェクトを指定します。
  • 対象となるワークシートまたはセル範囲内の Hyperlink オブジェクト の数を返します。

Hyperlinks.Item プロパティ


【書式】

object.Hyperlinks.Item ( index )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Worksheet オブジェクト または、Range オブジェクトを指定します。
  • index  ・・・  1 以上の整数値を指定します。
  • 単一のオブジェクトを取得します。各ハイパーリンク( Hyperlink オブジェクト )へアクセするには、引数 index に 1 以上の整数値を指定します。

Item プロパティ はデフォルトのプロパティなので省略可能です。

Hyperlinks.Itme ( index ) のプロパティに関しては、ハイパーリンク(Hyperlink オブジェクト) を参照してください。

Hyperlinks.Itme ( index ) のメソッドに関しては、ハイパーリンク(Hyperlink オブジェクトのメソッド) を参照してください。



Hyperlinks オブジェクト 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Hyperlinks.Add メソッド 使用例


サンプルVBAソース


実行結果

Hyperlinks オブジェクト 使用例


 - セルの操作 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

入力規則(Validation オブジェクト)

Validation オブジェクト セル範囲に入力できる値を制限するには 入力規 …

入力規則(他セルや数式を利用して許容値を設定)Validation オブジェクト

他のセルや数式を利用して許容値を設定する 入力規則(その5) での設定を、マクロ …

文字列をセル幅で折り返す(WrapText プロパティ)

WrapText プロパティ WrapText プロパティは、セルに表示されてい …

セルの幅・高さの自動調整(AutoFit メソッド)

AutoFit メソッド AutoFit メソッドは、指定したセル・セル範囲(R …

現在選択されているセルを参照(RangeSelection プロパティ)

RangeSelection プロパティ 実際に何が選択されているかにかかわらず …

非連続のセルが選択されているか確認する(Areas コレクション)

Areas コレクション の使い方 複数の離れた位置にあるセル範囲を選択した場合 …

フリガナの取得(GetPhonetic メソッド)

GetPhonetic メソッド GetPhonetic メソッドは、指定した文 …

セルに値を設定する・セルの値を参照する(Value2 プロパティ)

Value2 プロパティ Value プロパティとの違いは、Value2 プロパ …

オートフィルタの状況を確認(AutoFilterMode, FilterMode)

AutoFilterMode プロパティ AutoFilterMode プロパテ …

RemoveDuplicates メソッド 使用例1a
重複するデータを削除(RemoveDuplicates メソッド)

RemoveDuplicates メソッド 指定したセル範囲から重複データを含む …