ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

セルを参照する(Cells プロパティ)

   

Cells プロパティ

Cells プロパティは、ワークシートの行番号と列番号を指定してセルを参照します。
戻り値は、セル範囲を表すRange オブジェクトです。


【書式】

Object.Cells ( row, col )

Object.Cells ( num )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる ApplicationWorksheetRange オブジェクト。省略するとアクティブなシートの Range プロパティとみなされます。
  • row  ・・・  対象のセルの行番号(整数)を指定します。
  • col  ・・・  対象のセルの列番号(整数)を指定します。
  • num  ・・・  整数の値(連続したセル範囲の左上のセルを 1 として、右方向へ 2,3,4,5 … と右下のセルまでに割り当てられた数値)を指定します。

引数を省略した場合
Cells.Select のように引数を省略すると選択されているシートのすべてのセルを参照します。

引数に変数を利用する
Cells( i, j )Cells( k ) のように引数 rowcolnum に変数を指定し、変数をループさせることで、複数のセルにアクセスし値を取得したりスタイルを設定したりすることができます。



Cells プロパティ の使用例

サンプルVBAソース その1


実行結果 その1

Cells プロパティ 例1



サンプルVBAソース その2


実行結果 その2

ワークシート表示

Cells プロパティ 例2a

実行後

Cells プロパティ 例2b



サンプルVBAソース その3


実行結果 その3

ワークシート表示

Cells プロパティ 例2a

実行後

Cells プロパティ 例3




 - セルの操作 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

現在選択されているセルを参照(RangeSelection プロパティ)

RangeSelection プロパティ 実際に何が選択されているかにかかわらず …

罫線の設定(Borders プロパティ)

罫線の設定 罫線を一括(上下左右すべて)で設定するには、Borders プロパテ …

対象のセルが参照している全てのセルを取得(Precedents プロパティ)

Precedents プロパティ Precedents プロパティは、対象のセル …

入力規則(エラーメッセージの設定)Validation オブジェクト

無効値を入力時に、エラーメッセージの表示 Validation.ShowErro …

セルの値を置換(Replace メソッド)

Replace メソッド 任意のセル範囲内から特定の値を一括して置換します。Fi …

AutoFilter オブジェクト(メソッド・プロパティ)

AutoFilter.ShowAllData メソッド AutoFilter.S …

配列数式を取得または設定する(FormulaArray プロパティ)

FormulaArray プロパティ FormulaArray プロパティは、対 …

数式を設定・取得する(Formula プロパティ・FormulaR1C1 プロパティ)

Formula プロパティ(FormulaR1C1 プロパティ) Formula …

Active メソッド 例01
セルをアクティブにする・セルを選択する(Activate, Select)

セルをアクティブにする・選択する 【書式:セルをアクティブにする】 object …

セルの値を置換・書式設定(Replace メソッド,ReplaceFormat プロパティ)

セルの値の置換と書式設定 検索条件に一致するセルの書式を設定するには、まず、Ap …