ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

入力規則(リストで制限する)Validation.Add メソッド

   

ドロップダウンリストで入力値を制限

Validation.Add メソッド(または、Validation.Modify メソッド)の 引数 Type プロパティ に 定数 xlValidateList を指定します。


【書式】

object.Validation.{ Add | Modify }
   ( Type := xlValidateList, Formula1 := cellrange, AlertStyle := const )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Range オブジェクトを指定します。
  • cellrange  ・・・  
    【リストを直接指定】:Formula1 := “AAA,BBB,CCC,DDD,EEE” のように指定します。
    【セル範囲を指定】:Formula1 := “=A1:A5” のように指定します。
    【シートを含める】:Formula1 := “Sheet2!E1:E5” のように指定します。(Excel 2007 以降)
    【名前付きの範囲】:Formula1 := 範囲名 のように指定します。
    ※ 別シートのセル範囲に「名前」を設定することで、旧バージョンの Excel でも別シートのセル範囲を指定できます。
  • const  ・・・  メッセージボックスのスタイルを指定します。
    定数 内容 ダイアログボックス
    xlValidAlertStop 「停止」リストにない値は入力できません Stop
    xlValidAlertWarning 「注意」「はい」をクリックするとリスト外の値を入力することができます Warning
    xlValidAlertInformation 「情報」「OK」をクリックするとリスト外の値を入力することができます Information




入力規則(リストで制限する) 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

実行後

Validation オブジェクト 使用例2_01

リストにない値を入れた時

Validation オブジェクト 使用例2_02


 - セルの操作 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

非連続のセルが選択されているか確認する(Areas コレクション)

Areas コレクション の使い方 複数の離れた位置にあるセル範囲を選択した場合 …

次の検索(FindNext メソッド,FindPrevious メソッド)

FindNext メソッド Find メソッドで開始された検索を継続します。引数 …

指定した条件に一致するセルを取得(SpecialCells メソッド)

SpecialCells メソッド SpecialCells メソッドは、指定し …

数式を設定・取得する(Formula プロパティ・FormulaR1C1 プロパティ)

Formula プロパティ(FormulaR1C1 プロパティ) Formula …

行・列の表示・非表示(Hidden プロパティ)

Hidden プロパティ Hidden プロパティに True を設定することで …

オートフィルタ(抽出件数の取得・結果集計)AutoFilter メソッド

ワークシート関数の Subtotal 関数 の使い方 VBA には、オートフィル …

グラデーション(Pattern プロパティ・Gradient プロパティ)

セルの背景ににグラデーションを設定する Pattern プロパティを使用するとセ …

オートフィルタ(日付・時刻のグループ化)AutoFilter メソッド

グループ化された日付や時刻で、レコードを抽出する Excel 2007 から日付 …

引数に指定したセル範囲の共通のセル範囲を取得(Intersect メソッド)

Intersect メソッド Intersect メソッドは、引数に指定したセル …

セルを挿入する(Insert メソッド)

Insert メソッド Insert メソッドで、指定した場所に新規の空白セルを …