ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

文字列を縮小して全体を表示(ShrinkToFit プロパティ)

   

ShrinkToFit プロパティ

ShrinkToFit プロパティは、セルに表示されている値がセル幅を超えている場合に、セル幅に収まるように自動的に文字を縮小して表示するかどうかを設定します。
設定値が True の場合に、セルの値は縮小表示されます。

【書式】

<取得>
rsult = object.ShrinkToFit

<設定>
object.ShrinkToFit = boolean


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Range オブジェクトを指定します。
  • boolean  ・・・  セル幅に合わせて自動的に縮小表示させる場合は、True、そうでない場合は、False を指定します。
  • result  ・・・  指定されたセル範囲内のすべてのセルで文字が自動的に縮小表示される設定になっている場合は True となります。指定されたセル範囲内のすべてのセルで縮小表示設定になっていない場合は False を返します。指定されたセル範囲内に縮小表示設定とそうでない設定が混在する場合は Null を返します。

WrapText プロパティ(折り返して全体を表示する設定)が、True になっている場合は、ShrinkToFit プロパティTrue にしても WrapText プロパティの方が優先されます。



ShrinkToFit プロパティ 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

ShrinkToFit プロパティ 例


 - セルの操作 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ハイパーリンク(Hyperlink オブジェクトのメソッド)

Hyperlink オブジェクトのメソッド Hyperlinks コレクション …

Height プロパティ Width プロパティ 例
セルの高さ・幅を取得(Height プロパティ・Width プロパティ)

Height プロパティ・Width プロパティ Height プロパティは、指 …

外枠罫線の設定(BorderAround メソッド)

外枠罫線の設定 罫線の設定には、Borders プロパティを使用しますが、範囲内 …

A1 形式と R1C1 形式を変換、相対参照と絶対参照を変換(ConvertFormula)

ConvertFormula メソッド 数式で参照しているアドレスの相対参照と絶 …

セルの幅・高さの自動調整(AutoFit メソッド)

AutoFit メソッド AutoFit メソッドは、指定したセル・セル範囲(R …

2つ以上のセル範囲を1つにまとめて参照(Union メソッド)

Union メソッド Union メソッドは、2つ以上のセル範囲を1つにまとめて …

列名・列番号取得 使用例
列名を取得、列番号を取得(Address プロパティ,Column プロパティ)

列番号を取得する セル番地(「A1」や「B3」)や列名(「A」「B」「C」&#8 …

引数に指定したセル範囲の共通のセル範囲を取得(Intersect メソッド)

Intersect メソッド Intersect メソッドは、引数に指定したセル …

文字列の一部の書式を変更(Characters プロパティ)

文字列の一部を参照(Characters プロパティ) Characters プ …

セルが選択されているか確認する(TypeName 関数)

セルが選択されているか確認する方法と使用例 TypeName 関数の引数に、Se …