ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

フリガナ(Phonetic プロパティ)

      2015/08/26

Phonetic プロパティ

文字列(漢字など)をキーボードから入力した時の「読み」がフリガナの情報として記録されます。Phonetic プロパティは、その情報を取得することができます。


Phonetic プロパティ

【書式】

object.Phonetic


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Range オブジェクトを指定します。

キーボード入力したときの読みフリガナの情報として登録されます。予測変換等で入力した場合、入力した分の読みのみがフリガナとして登録されるので注意してください。例えば、「おだの」と入力した時に、変換候補に「織田信長」が表示されそれを選択して入力した場合の「織田信長」のフリガナは、「おだの」になってしまいます。

キーボード以外から漢字を入力(ブラウザなど他のソフトからコピーしたものをペーストしたり、マクロ(VBA)から入力)した場合、その漢字自体がフリガナとしてに登録されます。

キーボード入力、コピーアンドペーストにかかわらず、アルファベットを入力した場合は、アルファベットがそのままフリガナとして登録されます。ひらがなカタカナの場合は、いずれもカタカナで登録されます。(フリガナは、カタカナが標準です。フリガナの種類を変更するには、CharacterType プロパティを使用します。)



Phonetic オブジェクトの主なプロパティ


Phonetic.Alignment プロパティ

フリガナの位置を表す値を取得または設定します。


【書式】

<取得>
Phonetic.Alignment

<設定>
Phonetic.Alignment = const


引数・戻り値

  • const  ・・・  セルに表示するフリガナの位置を表す XlPhoneticAlignment 列挙型の定数を指定します。
    定数 内容
    xlPhoneticAlignNoControl 0 Excel が配置を制御
    xlPhoneticAlignLeft 1 左揃え
    xlPhoneticAlignCenter 2 中央揃え
    xlPhoneticAlignDistributed 3 均等割り付け


ひらがな、カタカナ、アルファベットは、Visible プロパティTrue にしても表示されません。表示したい場合は、Alignment プロパティに、xlPhoneticAlignNoControl を指定します。



Phonetic.Text プロパティ

フリガナの取得・設定を行います。文字列型(String)の値を使用します。


【書式】

<取得>
Phonetic.Text

<設定>
Phonetic.Text = string


引数・戻り値

  • string  ・・・  フリガナを「ひらがな」「カナカナ」で、設定します。(漢字・アルファベットを指定するとその漢字・アルファベットが、そのままフリガナの情報として登録されます。)


Phonetic.Visible プロパティ

セルに、フリガナをを表示するかどうかを表すブール型(Boolean)の値を設定します。値の取得および設定が可能です。


【書式】

<取得>
Phonetic.Visible

<設定>
Phonetic.Visible = boolean


引数・戻り値

  • boolean  ・・・  セルにフリガナを表示するには、True を、表示しない場合は、False を指定します。


Phonetic.Font プロパティ

セルに表示されるフリガナに設定されているフォントを表す Font オブジェクトを返します。


【書式】

Phonetic.Font


セルのフリガナのフォントの取得・設定

【フォント取得例】

  msgbox Range(“A1”).Phonetic.Font.Name

【フォント設定例】

  Range(“A1”).Phonetic.Font.Name = “メイリオ”


Font プロパティについての詳細は、フォントの設定(Font プロパティ) を参照してください。



Phonetic.CharacterType プロパティ

セルに表示するフリガナの種類を設定します。値の取得および設定が可能です。
指定できるフリガナの種類は、「ひらがな」「カタカナ」「半角カタカナ」「無変換」の4種類です。


【書式】

<取得>
Phonetic.CharacterType

<設定>
Phonetic.CharacterType = const


引数・戻り値

  • const  ・・・  セルに表示するフリガナの種類を表す XlPhoneticCharacterType 列挙型の定数を指定します。
    定数 内容
    xlKatakanaHalf 0 半角カタカナ
    xlKatakana 1 カタカナ
    xlHiragana 2 ひらがな
    xlNoConversion 3 無変換


フリガナ(Phonetic プロパティ) 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

サンプルVBAソース実行前

phonetic プロパティ 例01

実行後

phonetic プロパティ 例02


 - セルの操作 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

セルの特定の要素のみをペーストする(PasteSpecial メソッド)

PasteSpecial メソッド PasteSpecial メソッドは、Cop …

使用中のセル範囲を取得(CurrentRegion プロパティ)

CurrentRegion プロパティ CurrentRegion プロパティは …

文字列の横位置を取得・設定する(HorizontalAlignment プロパティ)

HorizontalAlignment プロパティ HorizontalAlig …

アクティブなセルを参照する(ActiveCell プロパティ)

ActiveCell プロパティ ActiveCell プロパティは、各ウィンド …

フリガナ(Phonetics プロパティ)

Phonetics プロパティ Phonetics コレクションを返します。値の …

入力規則(他セルや数式を利用して許容値を設定)Validation オブジェクト

他のセルや数式を利用して許容値を設定する 入力規則(その5) での設定を、マクロ …

セルの幅・高さの自動調整(AutoFit メソッド)

AutoFit メソッド AutoFit メソッドは、指定したセル・セル範囲(R …

文字の向きを表す値を取得・設定する(Orientation プロパティ)

Orientation プロパティ Orientation プロパティで、文字列 …

Validation プロパティ 使用例3
入力規則(入力時メッセージの設定)Validation オブジェクト

入力規則の入力時メッセージを表示する Validation.ShowInput …

別シートのセルを選択(Goto メソッド / PreviousSelections プロパティ)

Goto メソッド 次の例のように、1 行で、Activate メソッド や S …