ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

ワークシートをアクティブにする・選択する(Activate, Select)

      2015/10/20

Activate メソッド・Select メソッド

Activate メソッドは、指定したワークシートをアクティブにします。Select メソッドは、指定したワークシートを選択します。


【書式:ワークシートをアクティブにする】

object.Activate


【書式:ワークシートを選択する】

object.Select ( replace )


項目の説明

  • object  ・・・  対象となる Worksheet オブジェクトを指定します。
  • replace  ・・・  True を指定すると、指定したオブジェクトのみを選択します。False を指定すると現在選択されているオブジェクトに加えて、指定したオブジェクトを選択します。既定値は、True です。省略可。


複数のワークシートを一度に選択
Array 関数Array 関数(バリアント型の配列を作成) 参照)を使用します。
 (例)左から1番目、2番目のシートを選択
    Worksheets( Array( 1, 2 ) ).Select
 (例)シート名が「Sheet1」「Sheet3」を選択
    Worksheets( Array( “Sheet1”, “Sheet3” ) ).Select



ワークシートをアクティブにする・選択する 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

(1)全シートを選択

ワークシート Activate Select 01

(2)2 番めのシートのみを選択

ワークシート Activate Select 02

(3)「Sheet1」を追加で選択

ワークシート Activate Select 03

(4)「Sheet1」をアクティブにする

ワークシート Activate Select 04


 - ブック・シートの操作 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

CustomDocumentProperties プロパティ
ユーザー設定のドキュメントプロパティ(CustomDocumentProperties プロパティ)

CustomDocumentProperties プロパティ ユーザー設定のドキ …

ユーザー設定のビュー(CustomViews プロパティ)

ユーザー設定のビュー CustomViews コレクションは、ユーザー設定ビュー …

Name プロパティ 使用例 1
ブック・シートの名前を取得・設定(Name プロパティ)

ワークブックの名前を取得 Name プロパティで、ワークブックの名前を取得します …

ワークシートの数を数える(Count プロパティ)

Count プロパティ 指定したWorksheets コレクションやSheets …

WorksheetView オブジェクト

WorkSheetView オブジェクト 行列番号や枠線の表示・非表示の設定など …

印刷設定(フッターに文字列を指定)LeftFooter,CenterFooter,RightFooter

PageSetup.LeftFooter プロパティ PageSetup.Lef …

ブックを閉じる(Close メソッド)

ブックを閉じる(Close メソッド) Close メソッド で、ブックを閉じる …

ウィンドウの位置を入れ替える(ActivatePrevious メソッド、ActivateNext メソッド)

ウィンドウの位置を入れ替える ActivatePrevious メソッド、Act …

シート見出しの表示・非表示(DisplayWorkbookTabs プロパティ)

シート見出しの表示・非表示(DisplayWorkbookTabs プロパティ) …

PrintCommunication プロパティ 使用例
印刷設定を高速化(PrintCommunication プロパティ)

PrintCommunication プロパティ PrintCommunicat …