ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

ワークシートをアクティブにする・選択する(Activate, Select)

      2015/10/20

Activate メソッド・Select メソッド

Activate メソッドは、指定したワークシートをアクティブにします。Select メソッドは、指定したワークシートを選択します。


【書式:ワークシートをアクティブにする】

object.Activate


【書式:ワークシートを選択する】

object.Select ( replace )


項目の説明

  • object  ・・・  対象となる Worksheet オブジェクトを指定します。
  • replace  ・・・  True を指定すると、指定したオブジェクトのみを選択します。False を指定すると現在選択されているオブジェクトに加えて、指定したオブジェクトを選択します。既定値は、True です。省略可。


複数のワークシートを一度に選択
Array 関数Array 関数(バリアント型の配列を作成) 参照)を使用します。
 (例)左から1番目、2番目のシートを選択
    Worksheets( Array( 1, 2 ) ).Select
 (例)シート名が「Sheet1」「Sheet3」を選択
    Worksheets( Array( “Sheet1”, “Sheet3” ) ).Select



ワークシートをアクティブにする・選択する 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

(1)全シートを選択

ワークシート Activate Select 01

(2)2 番めのシートのみを選択

ワークシート Activate Select 02

(3)「Sheet1」を追加で選択

ワークシート Activate Select 03

(4)「Sheet1」をアクティブにする

ワークシート Activate Select 04


 - ブック・シートの操作 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

ユーザー設定のビュー(CustomView オブジェクト)

ユーザー設定のビュー CustomView オブジェクトは、登録されている各ビュ …

ワークシートを参照する(Worksheets プロパティ)

Worksheets プロパティ Worksheets プロパティは、Works …

ワークシートをファイルに保存する(SaveAs メソッド)

SaveAs メソッド ワークシートを名前を付けてファイルに保存します。Work …

背景に画像を表示(SetBackgroundPicture メソッド)

SetBackgroundPicture メソッド SetBackgroundP …

スクロール範囲を限定(ScrollArea プロパティ)

ScrollArea プロパティ ScrollArea プロパティ にセル範囲を …

ProtectContents プロパティ 例
シートが保護されているか確認(ProtectContents プロパティ)

ProtectContents プロパティ ワークシートが保護されているかどうか …

ステータスバーにメッセージを表示(StatusBar プロパティ)

StatusBar プロパティ StatusBar プロパティで、ステータスバー …

新しいウィンドウを開く(NewWindow メソッド)

NewWindow メソッド NewWindow メソッドで、任意のブックのコピ …

RemoveDocumentInformation メソッド
指定された情報をブックから削除(RemoveDocumentInformation メソッド)

RemoveDocumentInformation メソッド 指定された種類の情 …

ブックが共有モードか確認する(MultiUserEditing プロパティ)

ブックが共有モードか確認する(MultiUserEditing プロパティ) 共 …