ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

コメントの設定(Comments, Comment, AddComment, ClearComment)

   

コメントの設定

セルにコメントを新規に挿入するには、AddComment メソッド を使用します。挿入されたコメントに、文字列を追加、変更したり、コメントを削除したりするには、Comment プロパティ を使用します。ワークシート内のコメント全体を操作するには、Comments プロパティ を使用します。


AddComment メソッド

指定されたセルにコメントを挿入します。

【書式】

object.AddComment ( [ text ] )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる セル(Range オブジェクト)を指定します。
  • text  ・・・  コメントの文字列を指定します。
  • 戻り値  ・・・  コメントを表す Comment オブジェクト を返します。

すでにコメントが有るセルに、このメソッドを使用するとエラーになります。そのため、事前に、TypeName 関数 等を使って、コメントが挿入されているかどうかを判定します。
 
  If TypeName ( ActiveCell.Comment ) = “Nothing” Then
      ActiveCell.AddComment.Text “コメント挿入”
  End If
 
TypeName ( ActiveCell.Comment ) で、コメントが挿入されている場合は、“Comment” という文字列が返ります。


ClearComment メソッド

指定されたセル範囲からすべてのコメントを消去します。

【書式】

object.ClearComment


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Range オブジェクトを指定します。


Comment プロパティ


【書式】

object.Comment


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Range オブジェクトを指定します。
  • 戻り値  ・・・  object で指定したセル範囲の左上端に関連付けられているコメントを表す Comment オブジェクト を返します。


Comment プロパティの主なメソッド

  • Comment.Delete
    コメントを削除します。
     
  • Comment.Next
    次のコメントを表す Comment オブジェクト を返します。このメソッドは、1 つのシートだけで実行されます。シートの最後のコメントでこのメソッドを使用すると、Null 値が返されます。
     
  • Comment.Previous
    前のコメントを表す Comment オブジェクト を返します。このメソッドは、1 つのシートだけで実行されます。シートの最初のコメントでこのメソッドを使用すると、Null 値が返されます。
     
  • Comment.Text ( [ text, start, overwrite ] )
    コメント(文字列型:String)を返します。
    text:追加するテキストを指定します(省略可)。
    start:文字列を配置する文字の位置番号を指定します。省略すると、コメントの既存の文字列は削除されます(省略可)。
    overwriteTrue を指定すると、既存の文字列が指定した文字列に置き換えられます。False を指定すると、既存の文字列に指定した文字列が追加されます。既定値は、False(省略可)。


Comment プロパティの主なプロパティ

  • Comment.Visible = boolean
    オブジェクトを表示するかどうかを表すブール型(Boolean)の値を設定します。値の取得および設定が可能です。
    boolean:コメントを表示する場合、True を指定、非表示にする場合、False を指定します。
     
  • Comment.Shape
    コメントに結合される図形を表す Shape オブジェクト を返します。
    ※ 図形を選択する場合、コメントを表示した状態にします( Comment.Visible プロパティ = True )。非表示の状態で選択すると、エラーになります。


Comments プロパティ


【書式】

object.Comments


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Worksheet オブジェクトを指定します。
  • 戻り値  ・・・  指定されたシート内の全てのコメント(Comments コレクション)を返します。


Comment プロパティの主なメソッド

  • Comments.Item ( index )
    単一の Comment オブジェクト を返します。
    index:オブジェクトのインデックス番号を指定します。これを指定することで、シート内の各コメントにアクセスし、操作することが可能になります。


Comment プロパティの主なプロパティ

  • Comments.Count
    シート内のコメント数を表す長整数型(Long)の値を返します。


コメントの設定 使用例 1

サンプルVBAソース


実行結果

コメントの設定 使用例01



コメントの設定 使用例 2

サンプルVBAソース


Find メソッド(コメントの検索)使用例 実行結果

サンプルVBAソース実行前

コメントの設定 使用例01

実行後

コメントの挿入 使用例02


 - セルの操作 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

文字列をセル幅で折り返す(WrapText プロパティ)

WrapText プロパティ WrapText プロパティは、セルに表示されてい …

セルが選択されているか確認する(TypeName 関数)

セルが選択されているか確認する方法と使用例 TypeName 関数の引数に、Se …

列名・列番号取得 使用例
列名を取得、列番号を取得(Address プロパティ,Column プロパティ)

列番号を取得する セル番地(「A1」や「B3」)や列名(「A」「B」「C」&#8 …

対象のセル・セル範囲に数式があるかどうか調べる(HasFormula プロパティ)

HasFormula プロパティ HasFormula プロパティは、対象のセル …

セルの文字列を取得(Text プロパティ)

Text プロパティ セルに表示されている文字列を取得します。Text プロパテ …

セル範囲を結合・結合を解除(MergeCells プロパティ)

MergeCells プロパティ MergeCells プロパティは、指定したセ …

Active メソッド 例01
セルをアクティブにする・セルを選択する(Activate, Select)

セルをアクティブにする・選択する 【書式:セルをアクティブにする】 object …

行の高さを取得・設定・する(RowHeight プロパティ)

RowHeight プロパティ RowHeight プロパティは、対象セルの高さ …

オートフィルタ(日付・時刻のグループ化)AutoFilter メソッド

グループ化された日付や時刻で、レコードを抽出する Excel 2007 から日付 …

ShrinkToFit プロパティ 例
文字列を縮小して全体を表示(ShrinkToFit プロパティ)

ShrinkToFit プロパティ ShrinkToFit プロパティは、セルに …