ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

セルの値を置換・書式設定(Replace メソッド,ReplaceFormat プロパティ)

      2015/10/19

セルの値の置換と書式設定

検索条件に一致するセルの書式を設定するには、まず、Application オブジェクトReplaceFormat プロパティを使用して、設定する書式を指定します。そして、Replace メソッドを、引数 replaceformatTrue を設定し、実行します。
この場合、置換する文字列を設定する、引数 replacement に「””」(空白文字列)を指定すると、値の置換は行われず、書式のみ変更されます。
書式を定義するには、Borders プロパティFont プロパティ、または Interior プロパティ を使用します。


Replace メソッド

【書式】

object.Replace ( what, replacement [, replaceformat ] )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Range オブジェクトを指定します。
  • what  ・・・  検索する文字列、値など、セル内のデータに該当する値を指定します。省略不可。
  • replacement  ・・・  置き換える文字列を指定します。省略不可。
  • replaceformat  ・・・  書式を設定する場合、True を設定します。
  • 戻り値  ・・・  ブール型(Boolean)の値(基本的に、True )を返します。

検索・置換条件をさらに細かく指定する方法については、セルの値を置換(Replace メソッド) を参照してください。


ReplaceFormat プロパティ

【書式】

object.ReplaceFormat


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Application オブジェクトを指定します。
  • 戻り値  ・・・  置換後の書式を設定する CellFormat オブジェクト。(CellFormat 型)

ReplaceFormat.Clear メソッド
FindFormat プロパティ 同様、、書式設定する前に、Clear メソッド を使って初期化をします。これをしないと前に設定した条件が重なり、意図した結果にならない場合があります。
  
 (例) Application.ReplaceFormat.Clear



Replace メソッド,ReplaceFormat プロパティ 使用例 1

サンプルVBAソース


実行結果 1

サンプルVBAソース 実行前

Replace メソッド ReplaceFormat プロパティ 例01

実行後

Replace メソッド ReplaceFormat プロパティ 例02



Replace メソッド,ReplaceFormat プロパティ 使用例 2

サンプルVBAソース


実行結果 2

サンプルVBAソース 実行前

Replace メソッド ReplaceFormat プロパティ 例02

実行後

Replace メソッド ReplaceFormat プロパティ 例03


 - セルの操作 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

セルに値を設定する・セルの値を参照する(Value2 プロパティ)

Value2 プロパティ Value プロパティとの違いは、Value2 プロパ …

セルの特定の要素のみをペーストする(PasteSpecial メソッド)

PasteSpecial メソッド PasteSpecial メソッドは、Cop …

終端セルを参照する(End プロパティ)

End プロパティ End プロパティは、基準となるセルが含まれる領域の指定した …

Validation プロパティ 使用例3
入力規則(入力時メッセージの設定)Validation オブジェクト

入力規則の入力時メッセージを表示する Validation.ShowInput …

列名・列番号取得 使用例
列名を取得、列番号を取得(Address プロパティ,Column プロパティ)

列番号を取得する セル番地(「A1」や「B3」)や列名(「A」「B」「C」&#8 …

指定した行数・列数移動したセル・セル範囲を参照(Offset プロパティ)

Offset プロパティ Offset プロパティは、基準となるセル・セル範囲か …

Stop
入力規則(リストで制限する)Validation.Add メソッド

ドロップダウンリストで入力値を制限 Validation.Add メソッド(また …

セル・セル範囲をコピーする(Copy メソッド)

Copy メソッド Copy メソッドは、セル範囲をコピーし、指定したセル範囲に …

別シートのセルを選択(Goto メソッド / PreviousSelections プロパティ)

Goto メソッド 次の例のように、1 行で、Activate メソッド や S …

対象のセル・セル範囲に数式があるかどうか調べる(HasFormula プロパティ)

HasFormula プロパティ HasFormula プロパティは、対象のセル …