ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

セルの値を置換(Replace メソッド)

   

Replace メソッド

任意のセル範囲内から特定の値を一括して置換します。Find メソッド 同様、引数 lookatsearchordermatchcasematchbyte の設定は、このメソッドを使用するたびに保存されます。次にこのメソッドを使用する際、これらの引数の指定を省略すると、保存された設定が使用されます。また、これらの設定は、[検索と置換] ダイアログボックスに表示される設定に反映されます。

【書式】

object.Replace ( what, replacement [, lookat, searchorder, matchcase, matchbyte, searchformat, replaceformat ] )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Range オブジェクトを指定します。
  • what  ・・・  検索する文字列、値など、セル内のデータに該当する値を指定します。省略不可。
  • replacement  ・・・  置き換える文字列を指定します。省略不可。
  • lookat  ・・・  検索条件を表す定数(XlLookAt 列挙型)または、その値を指定します。
    定数 内容
    xlWhole 1 完全一致のセルを検索
    xlPart 2 検索文字列を含むセルを検索

  • searchorder  ・・・  検索時に縦横どちらの行列単位として検索するかを表す定数(XlSearchOrder 列挙型)または、その値を指定します。
    定数 内容
    xlByRows 1 行を横方向に検索してから、次の行に移動
    xlByColumns 2 列を下方向に検索してから、次の列に移動

  • matchcase  ・・・  大文字と小文字を区別する場合は、True を、しない場合は False を指定します。既定値は、False です。
  • matchbyte  ・・・  半角文字、全角文字を区別する場合は、True を、しない場合は False を指定します。既定値は、False です。
  • searchformat  ・・・  CellFormat オブジェクト に設定された書式を検索する場合は、True を、しない場合は、False を指定します。既定値は、False です。
  • replaceformat  ・・・  書式を置換する場合は、True を指定します。置換後の書式は、ReplaceFormat プロパティ で、設定します。
  • 戻り値  ・・・  ブール型(Boolean)の値(基本的に、True )を返します。

引数 what には、ワイルドカード(「?」任意の 1 文字、「*」任意の 1 文字以上の文字列)を指定することができます。

各引数の具体的な使用方法については、セル範囲内を検索(Find メソッド) を参考にしてください。



Replace メソッド 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

サンプルVBAソース実行前

Replace メソッド 例01

実行後

Replace メソッド 例02


 - セルの操作 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

AutoFilter オブジェクト(メソッド・プロパティ)

AutoFilter.ShowAllData メソッド AutoFilter.S …

セルを挿入する(Insert メソッド)

Insert メソッド Insert メソッドで、指定した場所に新規の空白セルを …

テーマカラーで網かけ(パターン)の色の取得・設定(PatternThemeColor プロパティ・PatternTintAndShade プロパティ)

PatternThemeColor プロパティ・PatternTintAndSh …

VerticalAlignment プロパティ 例01
文字列の縦位置を取得・設定する(VerticalAlignment プロパティ)

VerticalAlignment プロパティ VerticalAlignmen …

セルを削除する(Delete メソッド)

Delete メソッド Delete メソッドで、指定したセル・セル範囲を削除し …

配列数式を取得または設定する(FormulaArray プロパティ)

FormulaArray プロパティ FormulaArray プロパティは、対 …

入力規則(エラーメッセージの設定)Validation オブジェクト

無効値を入力時に、エラーメッセージの表示 Validation.ShowErro …

数式を設定・取得する(Formula プロパティ・FormulaR1C1 プロパティ)

Formula プロパティ(FormulaR1C1 プロパティ) Formula …

対象のセルが参照している全てのセルを取得(Precedents プロパティ)

Precedents プロパティ Precedents プロパティは、対象のセル …

オートフィルタ(日付・時刻のグループ化)AutoFilter メソッド

グループ化された日付や時刻で、レコードを抽出する Excel 2007 から日付 …