ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

セルが選択されているか確認する(TypeName 関数)

   

セルが選択されているか確認する方法と使用例

TypeName 関数の引数に、Selection を渡し、この時の戻り値が「Range」であればセルが選択されていることを示します。
戻り値が「Range」以外の場合は、セル以外のオブジェクトが選択されていることになります。( 例:図形を選択 ⇒「Rectangle」, テキストボックスを選択 ⇒「TextBox」など)
( ※ TypeName 関数 の使い方 )


【書式】

If TypeName ( Selection ) = “Range” then

    ’セルが選択されている場合の処理
    [ statements ]

Else

    ’セルが選択されていない場合の処理
    [ statements ]

End If



サンプルVBAソース


実行結果

セルが選択されている場合

TypeName(Selection) 例01

図形が選択されている場合

TypeName(Selection) 例02




 - セルの操作 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

文字の向きを表す値を取得・設定する(Orientation プロパティ)

Orientation プロパティ Orientation プロパティで、文字列 …

オートフィルタの状況を確認(AutoFilterMode, FilterMode)

AutoFilterMode プロパティ AutoFilterMode プロパテ …

非連続のセルが選択されているか確認する(Areas コレクション)

Areas コレクション の使い方 複数の離れた位置にあるセル範囲を選択した場合 …

対象のセルが配列数式の一部かどうか(HasArray プロパティ)

HasArray プロパティ HasArray プロパティは、対象のセルが配列数 …

入力規則(Validation オブジェクト)

Validation オブジェクト セル範囲に入力できる値を制限するには 入力規 …

セルを参照する(Cells プロパティ)

Cells プロパティ Cells プロパティは、ワークシートの行番号と列番号を …

文字列の一部の書式を変更(Characters プロパティ)

文字列の一部を参照(Characters プロパティ) Characters プ …

オートフィルタ(アイコンで抽出する)AutoFilter メソッド

オートフィルタ(アイコンで抽出する) Excel 2007 から、条件付き書式で …

ワイルドカードを使って検索(Find メソッド)

Find メソッド 指定したセル範囲内の特定の情報を含むセルを検索します。 【書 …

任意の行または列を参照(Rows プロパティ,Columns プロパティ)

Rows プロパティ・Columns プロパティ Rows プロパティは、オブジ …