ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

セルに値を設定する・セルの値を参照する(Value プロパティ)

      2015/06/05

Value プロパティ

Value プロパティは、セルの値を取得したり、値を設定したりします。設定できる値は、数値・数式・日付・文字列など通常セルに入力できるものと同じ値です。


【書式】

< 取得 >
result = Object.Value

< 設定 >
Object.Value = variant


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となるRange オブジェクト
  • variant  ・・・  セルの値を指定します(バリアント型:Variant)。
  • result  ・・・  セルの値(バリアント型:Variant)

Value プロパティで、値を取得するとき、セルが空白の場合は、戻り値 result は、Empty 値となります。(※ 取得した値が Empty 値かどうかを調べるには IsEmpty 関数を使用します。)

Value プロパティで、値を設定しても書式は設定できないので、必要があれば、NumberFormat プロパティ 等を使用して書式設定を行います。




Value プロパティの使用例

サンプルVBAソース


実行結果

サンプルVBAソース実行前

Range.Value プロパティ 例01

実行後

Range.Value プロパティ 例02




 - セルの操作 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

配列数式を取得または設定する(FormulaArray プロパティ)

FormulaArray プロパティ FormulaArray プロパティは、対 …

セル・セル範囲に名前を定義・削除(Name プロパティ・Names コレクション)

セル・セル範囲に名前を定義(Name プロパティ) Range オブジェクトのN …

セルの表示形式を設定・取得する(NumberFormat プロパティ)

NumberFormat プロパティ NumberFormat プロパティは、現 …

VBA で、ワークシート関数を使用(WorksheetFunction プロパティ)

VBA で、ワークシと関数を使用 VBA から、ワークシート関数を呼び出す場合、 …

任意のセルを含む行または列全体を参照(EntireRow プロパティ,EntireColumn プロパティ)

EntireRow プロパティ・EntireColumn プロパティ Entir …

並べ替え(Sort オブジェクト, SortFields コレクション)

Sort オブジェクトによる並べ替え Excel 2007 以降のバージョンでの …

オートフィルタ(平均より上・平均より下)AutoFilter メソッド

平均値よりも大きい(小さい)値のレコードを抽出 AutoFilter メソッドで …

セル範囲を結合・結合を解除(Merge メソッド・UnMerge メソッド)

Merge メソッド・UnMerge メソッド セルを結合するには、指定したセル …

セル・セル範囲を貼り付ける(Paste メソッド)

Paste メソッド Paste メソッドは、クリップボードの内容を指定したセル …

外枠罫線の設定(BorderAround メソッド)

外枠罫線の設定 罫線の設定には、Borders プロパティを使用しますが、範囲内 …