ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

セルを参照する(Range プロパティ)

   

Range プロパティ

任意のセルにアクセスするには Range プロパティを使用します。
戻り値は、セル範囲を表すRange オブジェクトです。


【書式】

Object.Range ( cell )

Object.Range ( cell1, cell2 )


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる ApplicationWorksheetRange オブジェクト。省略するとアクティブなシートの Range プロパティとみなされます。
  • cell  ・・・  セル番地(「A1」セルの場合 Range(“A1”) 、セル範囲「A1:C3」の場合 Range(“A1:C3”) 等)を指定します。また、名前付き範囲を使用している場合は、その名前を表す文字列を指定します。
  • cell1、cell2  ・・・  cell1cell2 で囲まれた範囲を指定します。cell1cell2 には、セル番地名前付き範囲(上記 cell を参照)のほか、単一のセル、列全体、または行全体を含む Range オブジェクトを指定します。
    (例1)「A1」から「C2」までの範囲の場合
       Range(“A1″,”C2”)
       Range( Range(“A1”), Range(“C2”) )
       Range( Cells(1,1), Cells(2,3) )
    (例2)「B」列「C」列を指定した場合
       Range( Columns(“B:B”), Columns(“C:C”) )


Range プロパティ の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

上記サンプル実行前

Range プロパティ 例01

実行後

Range プロパティ 例02




 - セルの操作 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

オートフィルタ(抽出件数の取得・結果集計)AutoFilter メソッド

ワークシート関数の Subtotal 関数 の使い方 VBA には、オートフィル …

Height プロパティ Width プロパティ 例
セルの高さ・幅を取得(Height プロパティ・Width プロパティ)

Height プロパティ・Width プロパティ Height プロパティは、指 …

入力規則(エラーメッセージの設定)Validation オブジェクト

無効値を入力時に、エラーメッセージの表示 Validation.ShowErro …

セルの表示形式を設定・取得する(NumberFormat プロパティ)

NumberFormat プロパティ NumberFormat プロパティは、現 …

オートフィルタの設定と解除(AutoFilter メソッド)

AutoFilter メソッド オートフィルタを設定する場合、AutoFilte …

行・列の表示・非表示(Hidden プロパティ)

Hidden プロパティ Hidden プロパティに True を設定することで …

使用中のセル範囲を取得(CurrentRegion プロパティ)

CurrentRegion プロパティ CurrentRegion プロパティは …

対象のセルが配列数式の一部かどうか(HasArray プロパティ)

HasArray プロパティ HasArray プロパティは、対象のセルが配列数 …

オートフィルタ(日付フィルタ)AutoFilter メソッド

日付フィルタを使用してレコードを抽出する Excel 2007 から「日付フィル …

2つ以上のセル範囲を1つにまとめて参照(Union メソッド)

Union メソッド Union メソッドは、2つ以上のセル範囲を1つにまとめて …