ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

非連続のセルが選択されているか確認する(Areas コレクション)

   

Areas コレクション の使い方

複数の離れた位置にあるセル範囲を選択した場合に、そのセル領域がいくつあるか調べたり、それぞれのセル領域に対しての処理を行ったりするのに、Areas コレクションを使用します。

Areas.Item プロパティ

【書式】

Object.Areas[ .Item ] ( index )

【項目の説明】

  • object  ・・・  対象となるセル・セル範囲(Range オブジェクト)
  • index  ・・・  領域のインデックス番号を指定します。インデックス番号は、領域が選択された順序に対応しています。

Areasコレクションには、選択範囲内の各セル領域に対応するRangeオブジェクトが含まれます。AreasコレクションからRange オブジェクトを取得するには、Areas.Item プロパティを使用します。(Item は、デフォルトプロパティなので、省略可能です。)


Areas.Count プロパティ

【書式】

area_count = Object.Areas.Count

【項目の説明】

  • object  ・・・  対象となるセル・セル範囲(Range オブジェクト)
  • area_count  ・・・  選択されている、連続していないセル範囲の数を示します。連続した 1 つの範囲のみが選択されている場合は 1、連続していない 2 つのセル範囲が選択されていたら 2 となります。


Areas コレクションの使用例

サンプルVBAソース


実行結果

マクロ実行前

Areas コレクション 例1

マクロ実行後

Areas コレクション 例2




 - セルの操作 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

Validation プロパティ 使用例3
入力規則(入力時メッセージの設定)Validation オブジェクト

入力規則の入力時メッセージを表示する Validation.ShowInput …

セルが選択されているか確認する(TypeName 関数)

セルが選択されているか確認する方法と使用例 TypeName 関数の引数に、Se …

文字列の一部の書式を変更(Characters プロパティ)

文字列の一部を参照(Characters プロパティ) Characters プ …

セル内部を参照(Interior プロパティ)

Interior プロパティ Interior プロパティで、セルの内部を参照し …

文字列をセル幅で折り返す(WrapText プロパティ)

WrapText プロパティ WrapText プロパティは、セルに表示されてい …

セル・セル範囲をコピーする(Copy メソッド)

Copy メソッド Copy メソッドは、セル範囲をコピーし、指定したセル範囲に …

終端セルを参照する(End プロパティ)

End プロパティ End プロパティは、基準となるセルが含まれる領域の指定した …

配列数式を取得または設定する(FormulaArray プロパティ)

FormulaArray プロパティ FormulaArray プロパティは、対 …

AutoFill メソッド 使用例 1
連続データを入力する(AutoFill メソッド)

AutoFill メソッド Excel で、連続するデータを入力する「オートフィ …

入力規則(Validation オブジェクト)

Validation オブジェクト セル範囲に入力できる値を制限するには 入力規 …