ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

行・列の表示・非表示(Hidden プロパティ)

   

Hidden プロパティ

Hidden プロパティTrue を設定することで、行または列(Range オブジェクト)を非表示にします。また、Falese を設定すると、再表示させることができます。

【書式】

<取得>
result = Object.Hidden

<設定>
Object.Hidden = boolean

引数・戻り値

  • object  ・・・  行または列の集合となる Range オブジェクトを指定します。
    Rows プロパティColumns プロパティ任意のセル範囲に対する EntireRow プロパティ 任意のセル範囲に対する EntireColumn プロパティ
  • result  ・・・  非表示の場合、True、非表示でない場合、False

Rows プロパティまたは、Columns プロパティに引数を指定せずに取得したセル範囲に対して、Hidden プロパティの値を False に設定することで、非表示にされているセル範囲をすべて再表示することができます。(フィルターの結果によって非表示になっているセル範囲は除きます)

非表示の行または列があるかを確認する場合、1行毎または1列毎に確認します。

フィルターの結果によって非表示になっているセル範囲に対して、Hidden プロパティFalse を設定しても再表示することはできませんが、Hidden プロパティ値を取得することは可能です(フィルターで非表示になっている場合も True を返します)。



Hidden プロパティ 使用例

サンプルVBAソース


実行結果

サンプルVBA 実行前

Hidden プロパティ 例01

実行

Hidden プロパティ 例02


 - セルの操作 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

セルを削除する(Delete メソッド)

Delete メソッド Delete メソッドで、指定したセル・セル範囲を削除し …

対象のセル・セル範囲に数式があるかどうか調べる(HasFormula プロパティ)

HasFormula プロパティ HasFormula プロパティは、対象のセル …

終端セルを参照する(End プロパティ)

End プロパティ End プロパティは、基準となるセルが含まれる領域の指定した …

Height プロパティ Width プロパティ 例
セルの高さ・幅を取得(Height プロパティ・Width プロパティ)

Height プロパティ・Width プロパティ Height プロパティは、指 …

セルを挿入する(Insert メソッド)

Insert メソッド Insert メソッドで、指定した場所に新規の空白セルを …

配列数式を取得または設定する(FormulaArray プロパティ)

FormulaArray プロパティ FormulaArray プロパティは、対 …

列幅を取得・設定・する(ColumnWidth プロパティ)

ColumnWidth プロパティ ColumnWidth プロパティは、対象セ …

セルの特定の要素のみをペーストする(PasteSpecial メソッド)

PasteSpecial メソッド PasteSpecial メソッドは、Cop …

引数に指定したセル範囲の共通のセル範囲を取得(Intersect メソッド)

Intersect メソッド Intersect メソッドは、引数に指定したセル …

セルを参照する(Cells プロパティ)

Cells プロパティ Cells プロパティは、ワークシートの行番号と列番号を …