ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

セルに値を設定する・セルの値を参照する(Value2 プロパティ)

   

Value2 プロパティ

Value プロパティとの違いは、Value2 プロパティでは、通貨型(Currency)および日付型(Date)のデータ型(内部処理形式)を直接使用しないことです。これらのデータ型は、倍精度浮動数点型(Double)の数値としては使用できます。


【書式】

< 取得 >
result = Object.Value2

< 設定 >
Object.Value2 = variant


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となるRange オブジェクト
  • variant  ・・・  セルの値を指定します(バリアント型:Variant)。
  • result  ・・・  セルの値(バリアント型:Variant)

シリアル値を取得する
セルに日付が入力されている場合、Value2 プロパティを使用するとシリアル値を取得することができます。


Value2 プロパティの使用例

サンプルVBAソース


実行結果

Value2 プロパティ 例




 - セルの操作 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

行の高さを取得・設定・する(RowHeight プロパティ)

RowHeight プロパティ RowHeight プロパティは、対象セルの高さ …

数式を設定・取得する(Formula プロパティ・FormulaR1C1 プロパティ)

Formula プロパティ(FormulaR1C1 プロパティ) Formula …

配列数式を取得または設定する(FormulaArray プロパティ)

FormulaArray プロパティ FormulaArray プロパティは、対 …

セル・セル範囲に名前を定義・削除(Name プロパティ・Names コレクション)

セル・セル範囲に名前を定義(Name プロパティ) Range オブジェクトのN …

セルが結合セルの一部である場合、その結合セルの範囲を取得(MergeArea プロパティ)

MergeArea プロパティ MergeArea プロパティは、指定したセルが …

対象のセルが参照している全てのセルを取得(Precedents プロパティ)

Precedents プロパティ Precedents プロパティは、対象のセル …

オートフィルタ(アイコンで抽出する)AutoFilter メソッド

オートフィルタ(アイコンで抽出する) Excel 2007 から、条件付き書式で …

非連続のセルが選択されているか確認する(Areas コレクション)

Areas コレクション の使い方 複数の離れた位置にあるセル範囲を選択した場合 …

オートフィルタ(平均より上・平均より下)AutoFilter メソッド

平均値よりも大きい(小さい)値のレコードを抽出 AutoFilter メソッドで …

AutoFill メソッド 使用例 1
連続データを入力する(AutoFill メソッド)

AutoFill メソッド Excel で、連続するデータを入力する「オートフィ …