ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

オートフィルタの設定と解除(AutoFilter メソッド)

      2015/09/07

AutoFilter メソッド

オートフィルタを設定する場合、AutoFilter メソッド を実行します。対象とする Range オブジェクト は、表全体を指定する必要はなく、表内にあるセルであれば問題ありません。
AutoFilter メソッド に、引数を指定することでデータを絞り込んだり、表示されている矢印を非表示にしたりできます。(引数なしで実行した場合、指定したセル範囲でのオートフィルターのドロップダウン矢印を表示します。)
すでにオートフィルターが設定されている状態で、AutoFilter メソッド を引数なしで実行した場合、オートフィルターは解除されます。このとき対象とする Range オブジェクト は、シート上のどのセルを指定しても解除されます。


【書式】

object.AutoFilter


引数・戻り値

  • object  ・・・  対象となる Range オブジェクトを指定します。

引数を指定することで、データの絞り込みができます。詳細については、オートフィルター(AutoFilter メソッド) を参照してください。



オートフィルタの設定・解除 例

サンプルVBAソース


実行結果

AutoFilter メソッド 使用例1


 - セルの操作 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

セルが選択されているか確認する(TypeName 関数)

セルが選択されているか確認する方法と使用例 TypeName 関数の引数に、Se …

オートフィルタ(日付フィルタ)AutoFilter メソッド

日付フィルタを使用してレコードを抽出する Excel 2007 から「日付フィル …

セル範囲を結合・結合を解除(MergeCells プロパティ)

MergeCells プロパティ MergeCells プロパティは、指定したセ …

現在選択されているセルを参照(RangeSelection プロパティ)

RangeSelection プロパティ 実際に何が選択されているかにかかわらず …

別シートのセルを選択(Goto メソッド / PreviousSelections プロパティ)

Goto メソッド 次の例のように、1 行で、Activate メソッド や S …

配列数式を取得または設定する(FormulaArray プロパティ)

FormulaArray プロパティ FormulaArray プロパティは、対 …

StandardWidth プロパティ・StandardHeight プロパティ 例01
セル幅・高さの既定値(StandardHeight プロパティ・StandardWidth プロパティ)

StandardHeight プロパティ・StandardWidth プロパティ …

Active メソッド 例01
セルをアクティブにする・セルを選択する(Activate, Select)

セルをアクティブにする・選択する 【書式:セルをアクティブにする】 object …

Locked プロパティ
セルのロック(Locked プロパティ)

セルのロック(Locked プロパティ) Locked プロパティで、セルのロッ …

数式を設定・取得する(Formula プロパティ・FormulaR1C1 プロパティ)

Formula プロパティ(FormulaR1C1 プロパティ) Formula …