ExcelWork.info

Excel(エクセル)のマクロ・VBA・関数・操作などのメモ

データ型を調べてそのデータ型を示す文字列を返す(TypeName 関数)

      2015/08/26

TypeName 関数 の使い方


TypeName 関数は、引数に、データ型を調べたい値や変数を指定するとそのデータ型を示す文字列を返します。

【書式】

result = TypeName ( varname )


引数・戻り値

  • varname  ・・・  調べたい値や変数を指定します。
  • result  ・・・  引数 varname のデータ型を表す文字列
    (戻り値は、以下「TypeName 関数の戻り値一覧」を参照)。

TypeName 関数の戻り値一覧

戻り値 内容
Byte バイト型(Byte)
Integer 整数型(Integer)
Long 長整数型(Long)
Single 単精度浮動小数点数型(Single)
Double 倍精度浮動小数点数型(Double)
Currency 通貨型(Currency)
Decimal 10 進数型
Date 日付型(Date)
String 文字列型(String)
Boolean ブール型(Boolean)
Error エラー値
Empty 未初期化
Null 無効な値
Object オブジェクト
Unknown オブジェクトの種類が不明なオブジェクト
Nothing オブジェクトを参照していないオブジェクト変数

引数 varname が、バリアント型変数の場合は、内部処理形式を識別する文字列を返します。

引数 varname が配列の場合は、上記の文字列の中の該当する文字列またはバリアント型(Variant)の値に、空のかっこ “()” を付けて返します。
(例)引数 varname が整数の配列のとき、TypeName 関数は “Integer()” を返します。



TypeName 関数 の使用例

サンプルVBAソース


実行結果

TypeName 関数 例




 - VBA基本 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

指定した値を8進数で表記した文字列に変換する(Oct 関数)

Oct 関数 の使い方 【書式】 result = Oct ( expressi …

Const ステートメント
ユーザー定義定数(Const ステートメント)

定数を使う ユーザー定義の定数を使用するには、Const ステートメントを使って …

文字列:文字列の空白を削除(Trim 関数, LTrim関数, RTrim関数)

Trim 関数・LTrim 関数・RTrim 関数の使い方 【書式】 <先頭と末 …

メッセージボックス使用例
メッセージボックスを表示(MsgBox関数)

MsgBox関数 【書式】 result = MsgBox ( Prompt [ …

文字列:文字列右から指定文字数取得(Right 関数,RightB 関数)

Right 関数・RightB 関数 の使い方 【書式】 result_righ …

配列(宣言・要素数の変更について)

配列の宣言 【書式】※ 配列の宣言 <Type 型の静的配列(固定長配列)の宣言 …

TextToColumns メソッド
セルのデータを区切り文字で複数のセルに分割する(TextToColumns メソッド)

TextToColumns メソッド TextToColumns メソッドを使用 …

日付時刻:日付時刻から情報取得( DatePart 関数 )

DatePart 関数(日付・時刻の値から情報を取得) 【書式】 result …

no image
XlThemeColor 列挙型

XlThemeColor 列挙 定数 値 内容 xlThemeColorDark …

式の値に応じて多分岐を行う(Switch 関数)

Switch 関数 の使い方 Switch 関数は、「式・値」を対にして指定して …